TamatsuLab
高血圧

健康・医療・学習・自己啓発記事高血圧と食>減塩食

減塩食

高血圧になる原因として最初に上げられるのが塩分の摂りすぎです。医師も高血圧と診断した患者にはほとんどの場合塩分を減らすようにといいます。普段の食事から塩分を減らすことは高血圧対策の基本です。

減塩食

塩分はさまざまな食べものに入っています。和食であればお味噌、梅干し、お漬物などに塩分は含まれています。お醤油やソースにも塩分は多く含まれており、食べものにかければそれだけ塩分を摂取することになります。
最近では塩分控えめのお味噌や減塩醤油、ソースなど、高血圧対策に配慮した食品も販売されています。それら減塩商品を選んでいくことによって普段と同じような食生活で塩分を減らしていくことができます。

醤油やソースは出来るだけ使わないようにしましょう。使うとしても食品にたくさんかけたりはせず、ほんの数滴つける程度にしましょう。

減塩食はどうしても味付けが薄く、物足りなく感じるかもしれません。どうしても物足りない場合、まずは天然塩に切り替えたり、香辛料を使ったりしましょう。味付けを急激に変えると反動が出てしまうことがあります。あわてずじわじわと塩分を減らしていきましょう。
味覚そのものを薄味に慣らすことはとても重要です。塩分を摂りすぎている人の多くが、自分は塩分を摂りすぎているという自覚が無いそうです。しかし、薄味に慣れてくればだんだんいろいろな味覚の豊富さに気づいてきます。減塩食を続けることでさまざまな味を楽しむことができるようになります。

△高血圧と食に戻る

ページのトップへ戻る