TamatsuLab
高血圧

健康・医療・学習・自己啓発記事高血圧と食>水とお茶

水とお茶

体内の塩分を排出するためには良い水をたっぷり飲むことが効果的です。また、お茶には血圧上昇を抑制する効果のある成分が含まれています。高血圧の予防・対策として水やお茶をしっかり飲むことが効果的です。

水とお茶

血圧が高くなるのは体内に塩分が多すぎること、またコレステロールなどにより老廃物が蓄積されていることが大きな要因とされています。ですから、高血圧対策としては体内から塩分を少なくしていくと同時に、老廃物が蓄積されないようにしていくことが重要になってきます。
たっぷりの水を飲むことは体内の塩分・老廃物を排出しやすくします。ただし、水だけではなくお茶も飲むことによりさらに高血圧を抑制する効果は高まります。

お茶の有効成分で有名なのがカテキンです。お茶の種類、お茶の入れ方、飲み方、飲む時間などによってカテキンの含有量や、高血圧の抑制効果が違ってくるそうです。

高血圧対策に良いといわれているお茶やその飲み方などは本や検索エンジンなどで調べてみるといろいろ出てきます。興味のあるかたはそちらを参考にしてみると良いでしょう。

お茶はゆっくり飲むことでリラックス効果も得られます。高血圧の人はイライラしたり怒ったりすると血管が切れたりする危険があります。お茶を飲んでリラックスすることはストレスによる血管への損傷を回避することも期待できます。

たっぷりのお水とお茶を飲む習慣、毎日続けることで血圧の上昇を防ぎ、体内の老廃物を排出していきましょう。

△高血圧と食に戻る

ページのトップへ戻る