TamatsuLab
高血圧

健康・医療・学習・自己啓発記事高血圧と食>間食をやめる

間食をやめる

たとえ食事の塩分に気を付けていても、スナック菓子やジュースなどで塩分・糖分をたくさん摂っていては血圧も上昇しやすくなります。高血圧症になったら間食を食べる習慣は止めるようにしましょう。

間食をやめる

間食で良くないとされるのが「ながら喰い」です。袋に入ったポテトチップなどのスナック菓子を仕事をしながら、あるいはテレビを見ながら食べていると、いつのまにか一袋全部食べてしまうことがあります。何かをしながら食べていると無意識のうちに手と口が動いてしまい、ついつい食べ過ぎてしまうのです。
仕事などストレスのたまる作業をしているときは、特に菓子の食べ過ぎやジュースの飲み過ぎをしてしまいがちです。

どうしても間食をしたいときは、休憩しましょう。テレビのスイッチを切って、仕事の手も止めて、休憩しながらお菓子をいただきましょう。またテレビをつけ、あるいは仕事を再開するときは、お菓子やジュースから手を離しましょう。

どうしても口がさみしいときはシュガーレスのガムを噛み、あるいはたっぷりの水を飲みましょう。決して仕事をしながら、テレビを見ながら塩分・糖分を摂取しないように,気を付けなければなりません。
スナック菓子のかわりに少量のチョコレートや飴玉などを舐めるのも良いかもしれません。ただし、こんどは虫歯にならないように気を付けて。
スナック菓子などの間食をやめ、代わりにたっぷり水を飲むようにするだけでも体内の塩分濃度は大きく変わってきます。日々の生活習慣が血圧値を大きく変えるのです。

△高血圧と食に戻る

ページのトップへ戻る