TamatsuLab
高血圧

健康・医療・学習・自己啓発記事高血圧と食>禁煙・節酒

禁煙・節酒

高血圧と診断されたら、タバコは捨ててしまいましょう。お酒はたしなむ程度なたともかく、飲みすぎは危険ですので注意しましょう。禁煙・節酒は高血圧症になった場合は必ず守ることが大切です。

禁煙・節酒

タバコはたとえ高血圧でなくても吸わないに越したことはありません。喫煙は肺がんの原因になるだけでなく、血管を収縮させクモ膜下出血や心筋梗塞を引き起こす要因になっているといわれています。高血圧になればそれら深刻な病気のリスクは高まります。一刻も早く禁煙されることをおススメします。
最近ではスムーズに禁煙できる方法もいろいろ開発されています。禁煙パッチなどで保険の効くものもあるようなので、大病院などに相談してみると良いかもしれません。

飲酒は、少量であれば一時的に血行が良くなる効果もあります。梅酒やワイン、ビール、焼酎などには身体に良いとされる成分が含まれているものもあるようです。

しかし、アルコール飲料は飲み過ぎると内臓に負担をかけます。一気に飲んでアルコール濃度が急激に上昇すると、血管に深刻なダメージを与えることもあります。また、飲酒した状態で食事をするとついつい食べ過ぎしてしまい、高血圧や糖尿病を悪化させることもあります。
毎日飲むと肝臓に負担がかかります。酒は多くても週2,3回程度、ほろ酔い加減でやめておきましょう。
お酒もタバコも長年の習慣が身につくほど、やめるのがつらくなります。しかし、末永く人生を楽しむためにも、高血圧になる前から早めに禁煙・節酒に取り組むことが大切です。

△高血圧と食に戻る

ページのトップへ戻る