TamatsuLab
高血圧

健康・医療・学習・自己啓発記事高血圧と食>調味料は控えめに

調味料は控えめに

味料の中にはかなりの塩分を含むものもあります。調味料をたくさん使った料理を食べていると気づかないうちに塩分をたくさん摂取していることになってしまいます。料理の調味料はできるだけ控えめにしましょう。

調味料は控えめに

塩分の含まれる調味料としてはお味噌、醤油やソースがあります。市販されている粉末系の調味料にも塩分が含まれている場合があります。調味料を使うときはどれくらいの塩分が含まれているのかを出来る限り詳しく確認しましょう。
高血圧が気になってきたら調味料の分量を少しずつ減らしていきましょう。健康なうちから薄味に慣れておけば、塩分の摂取量もスムーズに減らせて高血圧にもなりにくくなります。

最近では減塩醤油や減塩ミソ、減塩ソースなど、塩分を少なめにした調味料も販売されています。高血圧になってからでなく、健康なうちからこれらの減塩調味料を使うことで塩分控えめの食生活を習慣づけることができます。

調味料のたくさん入った料理ばかりを食べているとクセになります。調味料は入れれば入れるほどたくさん入れたくなってくるというちょっと危ない特性があります。
調味料は食材本来の味をゴマ化すために付けるものという考え方もあります。食材本来の味をしっかり楽しむためには、調味料は出来るだけ少ない方がいいのです。日ごろから調味料控えめの料理を食べる習慣を身につけることで、塩分の摂り過ぎを防ぎましょう。

△高血圧と食に戻る

ページのトップへ戻る