TamatsuLab
高血圧

健康・医療・学習・自己啓発記事高血圧と食>外食に注意

外食に注意

外食中心の食生活をすると高血圧になりやすいといわれています。料理の味付けに特徴を出すため調味料が多めに使われているお店がけっこうあり、また本人の好みによって偏食しがちになります。

外食に注意

外食をすると調味料がどれくらい使われているのかわかりません。何も聞かずに料理人任せにしていては、塩分多めになるおそれがあります。料理を注文する際、塩分がどれくらい使われているか聞いてみましょう。そうして、特別に調味料を少なめにするよう頼んでみましょう。
頼むのが恥ずかしいという人もいますが、塩分の摂りすぎは命にかかわる問題です。自分の健康を守るためにも思い切って聞きましょう。

もしどれくらい塩分が使われているか教えてくれなかったり、塩分や調味料少なめのリクエストに対応してくれないようだったら、そのお店に行くのは止めた方がいいかもしれません。

塩分控えめの料理を出してくれるお店、調味料少なめのリクエストに応えてくれるお店を選ぶようにしましょう。
健康志向の高まりから身体に良いとされる料理を出すレストランも増えてきています。良いレストランを選んでいくようにしましょう。
好みがあうからといって同じレストランで同じ料理ばかり食べていては栄養が偏ってしまいます。外食が多くてもできるだけ栄養バランスがとれるように、注文する料理を変えたりお店を変えて種類豊富に食べるようにしましょう。

△高血圧と食に戻る

ページのトップへ戻る