TamatsuLab
食事

健康・医療・学習・自己啓発記事>結石と食

結石と食

結石は大きくなると激しい痛みを伴い、放置しているとガンなどを引き起こすことがあります。結石ができやすいのは食生活と大きな関係があるといわれています。ここでは結石と食の関係を中心に調査していきます。

結石と食

結石とは体内の老廃物などが石のように固形化してしまうことをいいます。結石にはいろいろな種類がありますが、日本人がなりやすい代表的なものとしては胆のうにできる胆石、尿の成分が固まってできる尿路結石などがあります。胆石ができる原因は主に肝臓への負担増加やコレステロールのとりすぎ、膀胱や尿管などにできる尿路結石は主にカルシウムが要因とされています。
コレステロールも、カルシウムも日ごろの食事、とりわけ肉類や卵、乳製品などの中に含まれています。ただ、それらが体内で増えすぎると結石ができやすくなります。結石は余計な栄養を摂りすぎることによる、いわゆるぜいたく病といえるかもしれません。

食通でいろいろなグルメ料理を知っている人ほど結石になりやすいともいわれています。美味しいもの、好きなものばかり追い求めることによって、ついつい栄養を摂りすぎてしまっているのかもしれません。
結石は激しい痛みを伴うことがあります。また、たとえ痛みが無くても病気が進行すると内臓の機能障害など合併症を引き起こすおそれがあります。深刻になる前に早めの対策・予防活動が求められます。
結石にならないためには日ごろの食生活に気を付けることが大切です。ところで食生活のどこをどう気を付ければ良いのでしょうか。食生活をどうすれば結石を予防できるのでしょうか。
ここでは結石とその原因、予防のためのヒントを調査していきます。結石対策、予防に努めたい方のご参考になれば幸いです。

結石と食

結石について

結石とは
結石とは、体内の流路や臓器内にできる石のような物質をいいます。もともとは液状にとけ込んでいたものが、何らかの理由で結晶化したものです。結晶ができるとだんだん大きくなり、場合によっては激しい痛みを伴います。
結石と痛み
結石は一般に、大きくなると激しい痛みを伴います。とても小さいうちから激しく痛くなることもあれば、結石ができた部位によってはかなり大きくなっても痛みを感じないこともあります。
結石の原因
結石はなぜ生成するのでしょうか。どうして出来てほしくもないところに結石が出来てしまうのでしょうか。結石ができてしまう原因がわかれば、それに対する対策も立てやすくなります。
結石対策
結石は最初は小さいですが、少しずつ大きくなって場合によっては激しい痛みを伴います。結石になってしまった場合は医師に相談してお薬の処方を受け、あるいは生活習慣の見直しをしていく必要があります。
結石の予防
結石はいつのまにか体内に発生して少しずつ大きくなり、激しい痛みを伴うことがあります。結石ができた身体は成人病なども併発しやすいです。できれば結石が発生しない、元気で健康的な生活を送りたいものです。

結石と食事

結石と食生活
結石は日ごろの食生活が大きく影響しています。偏食をして栄養バランスが崩れると高血圧、糖尿病になりやすいとともに結石ができやすくなります。結石と食生活は密接な関係があります。
カルシウムと結石
尿路結石を取り出して調べてみると、多くの場合カルシウムが主成分になっています。これは患者の尿にカルシウム分が多く含まれているためですが、カルシウムと尿路結石は少しやっかいな関係があるようです。
結石はぜいたく病か
結石になる患者数は日本人の食生活が豊かになるとともに増えてきたといわれています。実際、食生活がぜいたくになったことが、結石患者の増加とかなり関係しているとの指摘も出ています。
夕食・夜食と結石
夕食を食べるのが遅いと、あるいは寝る前に夜食を食べると尿路結石になりやすいといわれています。食事が胃の中で消化されて栄養素の濃度が高くなるうえ、寝ている間に水分が減って結石ができやすい環境になるのです。
結石と家系
どうやら結石になりやすい家系というのはあるようです。両親あるいは家族で結石になった人が出た場合は、自分も結石にならないよう注意が必要です。結石と遺伝的要素についてはさまざまな研究がおこなわれています。

結石予防のために

お茶と水を飲む
結石は臓器や管路内に溶け込んでいた成分が結晶化してできます。結石ができやすいのは結石の成分の濃度が濃い時です。体内の水分が不足すると相対的に濃度が濃くなり結石ができやすいといわれます。
糖分・塩分を摂らない
尿路結石を予防するためにも塩分、糖分はできるだけ控えるようにしましょう。塩分、糖分を摂りすぎると高血圧、糖尿病になりやすくなるだけでなく、腎臓がカルシウム成分などを排出し、結石になりやすくなります。
よく噛んで食べる
良く噛んで食べることは、食べものを消化・吸収しやすくするだけでなく、食べ過ぎを抑制し、ひいては結石が発生するのを防ぐ手助けをしてくれます。一口入れたらたくさん噛むようにしましょう。
夕食は控えめに
一般的に、結石は水分が不足しがちな夜につくられやすいといわれています。夕食がカロリー多めで結石の成分になるような栄養素をたくさん食べると、さらに結石がつくられやすくなります。
寝る前4時間は食べない
結石は夜つくられるといわれています。夜中になると水分が不足しがちになりただでさえ結石ができやすくなります。夜寝る直前にたくさん食べると、さらに結石ができやすい体内環境になってしまいます。

結石関連アイテム

尿路結石関連の本
尿路結石に関連した本を調査、紹介しています。結石ができやすいのは食生活と大きな関係があるといわれています。尿路結石関連の本特集ページです。
胆石の参考書
胆石に関連した本を調査、紹介しています。結石ができやすいのは食生活と大きな関係があるといわれています。胆石関連の本特集ページです。
お茶
お茶を調査、紹介しています。お茶を飲みましょう。お茶特集ページです。
健康食品
健康食品を調査、紹介しています。健康にもっと気を使いましょうを飲みましょう。健康食品特集ページです。

△健康・医療・学習・自己啓発記事に戻る

ページのトップへ戻る