タマツラボ
カバーフォト

メタボとその対策

若いうちは平気だったのにだんだん身体がいうことをきかなくなる40才代、体質の変化にあわせて生活習慣を変化させ、40才代からのメタボ対策にはげみましょう。メタボ予防と対策の情報サイトです。


メタボとその対策

若いうちは平気だったのにだんだん身体がいうことをきかなくなる40才代、体質の変化にあわせて生活習慣を変化させ、40才代からのメタボ対策にはげみましょう。メタボ予防と対策の情報サイトです。

今まで太らなかったから大丈夫、そう思っていませんか?

40才を過ぎてから太りだす人はけっこういます。30代まではいくら食べても太らず平気だった人でも、特に生活習慣を変えたつもりも無いのに40才代になってからだんだん体重が増えて体に脂肪が付いてきた、という人が少なくありません。
どうしていままでたくさん食べても太らなかった人が、40才代になってからメタボになってしまうことがあるのでしょうか。これは身体のエネルギー消費量である基礎代謝が大きく関係していたのです。
人の身体は年齢とともに基礎代謝が落ちていく傾向にあります。基礎代謝とは、身体が何もしなくても消費していくエネルギーのことです。それが落ちていくということは何も運動をしていない場合の一日あたりの消費エネルギーがだんだん少なくなっていくということです。
一日あたりの消費エネルギーが少なくなれば、同じ分量の食事を食べていてもだんだんエネルギーが体内に余ってしまうことになります。身体の中で余ったエネルギーは皮下脂肪、あるいは内臓脂肪として体内に蓄えられていきます。
40才を過ぎたら、今まで太っていなかった人、肥満だなんていわれたことも無かった人たちでもメタボが気になってくるのです。いやむしろ、メタボ対策は40才代を過ぎてからこそが本番と言っても良いでしょう。
たとえ年齢を重ねたとしてもスリムでスッキリした身体になりたいですよね。寒い季節は多少脂肪があったほうが寒さをしのぎやすくなりますが、太りすぎのメタボ体質になるのはよいことではありません。
まずは食事と運動に気をつけ、禁煙、節酒にこころがけましょう。おクスリや脂肪吸引、民間療法に頼る人もいますが、日ごろの節制に勝るものはありません。
このサイトでは40才代からのメタボについてその傾向と対策を調査します。このサイトがあなたのメタボ対策のためお役に立てれば幸いです。

メタボとその対策

メタボについて メタボとは
引き起こされる病気
なぜ40才代から危険なのか
皮下脂肪と内臓脂肪
メタボ健診とセルフチェック
メタボ対策 食事によるメタボ対策
運動によるメタボ対策
禁煙
禁酒・節酒
おクスリ
脂肪吸引について
民間療法
メタボ予防 日ごろの食生活
運動習慣
自宅でメタボチェック
健康のために お酒とタバコ
家族の協力

健康・学習記事

運動・健康・医療関連学習・自己啓発関連
うつ病と食
うつ病について
ガンと食
スポーツ減量のプロセス
メタボとその対策
好感の秘密
受験勉強と食
投資生活
異文化コミュニケーション
良い英会話学校
ページのトップへ戻る