TamatsuLab
糖尿病

健康・医療・学習・自己啓発記事>糖尿病と食

糖尿病と食

糖尿病は初期段階では自覚症状もなくて、何年も発症せずに日常生活を続けられることもあります。しかし、そのままにしておくと深刻な疾患を引き起こす恐ろしい病気です。ここでは糖尿病と食について調査していきます。

糖尿病と食

糖尿病は毎日の食生活と大きく関係しています。長年続いた食習慣は身体に大きな影響を与えます。本人が意識せずに続けている食習慣によって、知らず知らずのうちに糖尿病になってしまうのです。
糖尿病は血糖値が異常に高くなる病気です。血糖値が高い状態が続くとだんだん末梢神経などに悪影響がおきて危険です。糖尿病になった場合は症状が出るまえに血糖値を正常状態まで下げていく必要があります。
医師に糖尿病と診断された場合、血糖値を下げるお薬などが処方されます。ほかには食事や運動による治療について指導を受けることになります。

その中でも食餌療法はとても重要です。すなわち日々の食生活を見直し、粘り強く改善していくことが糖尿病治療には欠かせないのです。
それでは糖尿病になった場合、どのように食生活を改善していけばよいのでしょうか?
糖尿病になりやすい食生活とは、糖尿病治療のための食事とは、一体どのようなものなのでしょうか。どこに気を付ければ日ごろの食生活で糖尿病を予防できるのでしょうか。
まずは、糖尿病と食事の関係について良く理解することが大切です。このサイトでは糖尿病と食について調査していきます。糖尿病の食餌療法や予防のためのヒント、糖尿病食やその他の糖尿病対策についても特集していきます。
このサイトが糖尿病が気になる方、糖尿病対策について知識を深めたい方の参考になれば幸いです。

糖尿病と食

糖尿病について

糖尿病とは
糖尿病とは、血糖値が慢性的に高くなってしまう病気です。血糖値というのは血液中ににとけ込んでいるブドウ糖の含有率を数値で表したものです。血糖値が高いまま放置すると深刻な症状を発する恐れがあります。
糖尿病がなぜ怖いのか
糖尿病が怖い病気だといわれているのはどうしてなのでしょうか。糖尿病のどこが怖くて、どんなことに気を付けるべきなのでしょうか。ここでは糖尿病の怖さについて調べていきます。
糖尿病の原因
自覚症状のないままいつのまにか血糖値が上昇し、放置しておくとさまざまな合併症を引き起こすといわれる糖尿病、その原因は何なのでしょうか。どうして人は糖尿病になるのでしょうか。
糖尿病対策
糖尿病は血糖値が正常範囲を超えて慢性的に高くなる病気です。糖尿病対策としてはまずは高くなってしまった血糖値を下げてあげることが必要です。血糖値を下げるにはさまざまな方法があります。
糖尿病の予防
糖尿病は血糖値の高い状態が続くことによりさまざまな合併症を引き起こす病気です。糖尿病は長年の生活習慣が影響してなることが多いです。糖尿病予防には、日ごろの生活習慣の見直しが重要です。

糖尿病と食事

体質と食事
人にはそれぞれ体質があります。体質は遺伝により両親から受け継がれるものもあれば、長年の生活習慣によって構築されるものもあります。毎日の食習慣が糖尿病になりやすい体質をつくっている場合もあります。
スポーツと糖尿病
スポーツをする人って、見るからに健康的で病気とは無縁のような気がします。しかし、スポーツマンが糖尿病になる事例は少なくありません。毎日運動をしていても糖尿病には気を付ける必要があります。
唾液・胃液と糖尿病
唾液や胃液は、食べたものを消化し吸収するために口の中や胃の中に分泌されます。唾液・胃液の分泌によって食べたものは効果的に吸収され、ブドウ糖となって体内の血糖値を上昇させます。
炭水化物と糖尿病
炭水化物を摂り過ぎると肥満や糖尿病になりやすいといわれています。日ごろの食生活でも炭水化物を控えることで肥満防止やダイエットにつながると指摘されています。炭水化物はまた糖尿病とも関係しています。
甘いものと糖尿病
糖尿病は血糖値が慢性的に高くなることによりさまざまな合併症を引き起こす病気です。糖尿病というと、甘いものをたくさん食べる人ほどなりそうな気がします。しかし実際はどうなのでしょうか。

糖尿病の食餌療法

3食規則正しく食べる
糖尿病の食餌療法では3食規則正しくちゃんと食べることが大切とされています。食事を抜いたり、食事時間が不規則だったりすると糖尿病をさらに悪化させるおそれがあります。3食規則正しく食べることが重要なのは理由があります。
脂っこいものを避ける
糖尿病になる人の特徴として脂っこいものが好きというものがあります。脂っこいものをたくさん食べる人は糖尿病だけでなくいろいろな成人病になりやすいです。糖尿病対策としてはまずは脂っこいものを好む食習慣を改善する必要があります。
血糖値の急激な変化
糖尿病になると、日々の血糖値との闘いが始まります。血糖値を正常範囲内まで下げるべく、薬物を処方してもらったり、食事や運動で対策したりしていきます。そんな中でも、血糖値の急激な変化には注意しなくてはなりません。
夜は食べないよう
朝、昼、晩ごはんの3食が終わったら、もう寝るまでは何も食べないようにしましょう。糖尿病の食餌療法としては、一日3食規則正しく食べること、夕食後から就寝までは何も食べないようにすることが基本です。
間食の制限
糖尿病治療のための食餌療法では、3食を規則正しく食べるとともに間食を制限するよう言われます。間食することで余計なカロリーを摂取してしまうのを防ごうという考え方です。

糖尿病予防と食事

肉と野菜のバランス
糖尿病の予防には食生活の見直しが欠かせません。血糖値のコントロールのためにはお肉と野菜のバランスによく注意する必要があります。ひとたび糖尿病になってしまうとかなり厳しい食事制限が必要になります。
ビールと夜食
仕事をしているとストレスもたまります。ビールを飲んで気分を紛らわしたくときもあります。夜中にお腹がすけば夜食も食べたくなります。しかし、ビールや夜食は場合によっては身体に好ましくない影響を与えます。
体質の変化に注意
人の体質は変化します。若いころは大丈夫だった食生活も、年齢を重ねるといろいろな不具合を引き起こすようになります。健康状態を維持するためには自分の体質の変化に注意して食事を変えていくことが大切です。
甘いものが好きな人は
糖尿病と言う名前がつくくらいですから、糖分の摂りすぎが病気の原因のような気がします。実際、甘いものが好きで良く食べると「糖尿病になるよ」なんて脅かされたりします。甘いものが好きな人は心配ですよね。
家族の愛情と協力
糖尿病の治療、予防は地道で継続的な努力が必要です。本人が地道に努力を続けられるようにするためには、家族の愛情と協力が不可欠です。家族同士で助け合い、励ましあって努力を続けましょう。

糖尿病と食関連アイテム

糖尿病食参考書
糖尿病食参考書を調査、紹介しています。糖尿病も早期発見、早期治療、そして病気となる原因をつくらないように生活習慣を改善することが大切です。糖尿病食参考書特集ページです。
血糖値と食事参考書
血糖値と食事参考書を調査、紹介しています。糖尿病も早期発見、早期治療、そして病気となる原因をつくらないように生活習慣を改善することが大切です。血糖値と食事参考書特集ページです。
糖質制限参考書
糖質制限参考書を調査、紹介しています。糖尿病も早期発見、早期治療、そして病気となる原因をつくらないように生活習慣を改善することが大切です。糖質制限参考書特集ページです。
糖尿病食事療法参考書
糖尿病食事療法参考書を調査、紹介しています。糖尿病も早期発見、早期治療、そして病気となる原因をつくらないように生活習慣を改善することが大切です。糖尿病食事療法参考書特集ページです。
糖尿病と炭水化物の参考書
糖尿病と炭水化物の参考書を調査、紹介しています。糖尿病も早期発見、早期治療、そして病気となる原因をつくらないように生活習慣を改善することが大切です。糖尿病と炭水化物の参考書特集ページです。

△健康・医療・学習・自己啓発記事に戻る

ページのトップへ戻る