TamatsuLab
うつ病と食

健康・医療・学習・自己啓発記事>うつ病と食

うつ病と食

日常生活にはうつ病になる様々な要因が隠れています。ここではうつ病と食事や生活習慣との関係、またうつ病対策・予防のために私たちができることを調査しています。

うつ病と食

高度に複雑化された現代社会にはさまざまなストレス要因が隠れています。そこで生活している人々は、常にストレス環境にさらされているといってもいいかもしれません。蓄積されたストレスは、時として人の許容範囲を超えてしまうこともあります。
うつ病にかかる人は増加傾向にあるといわれています。それも、以前と比べると驚くほどの増え方をしているというのです。うつ病は現代社会がもたらした風土病、社会病と言ってもいいかもしれません。
うつになる要因は日常生活のさまざまなところに潜んでいます。この社会に生活している私たちも他人ごとではありません。いつ自分自身が、家族がうつ病になってしまうかわからない、そういう状況に置かれているといっても過言ではないでしょう。
それでは、私たちはどうすればよいのでしょうか? うつ病にならないためには、またうつ病になった時はどう対応するべきなのでしょうか。
まずは、うつ病について正しい知識を身につけたいところです。
ところが、うつ病に関して調査してみると困った問題に直面します。情報が多く、複雑で、人によって言うことがバラバラなのです。
うつ病に関してはさまざまな本が出版されています。インターネットで調べてみても、いろいろなホームページでうつ病に関する情報を見ることができます。しかし、それらの情報の中身は複雑なうえに統一されておらず、中には意見が完全に対立しているものもたくさん見られます。
一体どれが正しい情報なのか、何を信じていいのか、うつ病について調べれば調べるほどわからなくなってきます。
うつ病は心の病気、それも極めて複雑な人間の脳内でおきている精神の病気です。うつ病に原因やそ状況・程度は人それぞれ違います。そのため、同じような症状でも、対策方法が全く違うことも珍しくありません。
このサイトではうつ病と食事、あるいは生活習慣との関係について注目し、食事や日常生活の改善によってうつを克服・改善していく方法について紹介していきます。

うつ病と食

うつ病について

うつ病とは
うつ病とは、精神が抑うつ状態になってずっと回復できないことをいいます。抑うつ状態が長く続くと精神的にとてもつらく苦しくなり社会生活に支障をきたす他、生きていくうえでさまざまな問題を引き起こすおそれがあります。
うつになる原因
うつになるのはどうしてなのでしょうか。人がうつ状態に陥る理由、その原因は一体どこにあるのでしょうか。人がうつ状態になり、あるいはうつ病になってしまう原因にはさまざまなことがいわれています。
うつ病対策
うつ病は、気持ちが抑うつ状態に陥ったまま長い間回復できなくなる精神的な疾患です。うつ病になると本人はとてもつらくて苦しい状態が続きます。うつ病になったら何らかの対策をしなくてはいけません。
家族環境とうつ病
家族環境は人に大きな影響を与えます。人がうつ病になるのも、家族環境とその変化が大きく影響しています。うつ病対策をするときは、まずはその家族環境を見つめなおすことが大切です。
社会環境とうつ病
高度に複雑化した社会は、ときとしてそこで生活する人々に過度の精神的負担を強います。現代社会ではうつ病患者が増加していると言われています。社会にはうつ病になりやすいさまざまな要因が潜んでいます。

栄養とうつ病

偏食とうつ病
私たちは毎日食べているものを消化・吸収して栄養にしています。食べものは私たちの身体をつくります。食事は全身の健康に影響を与えます。肉体だけでなく、食べる人の精神状態にも大きな影響を与えているのです。
ダイエットとうつ病
ダイエットしていると、うつ状態になってしまうことがあります。やせたい、美しくなりたい。そう思って始めたダイエットによって精神的に追い込まれ、うつ状態からなかなか抜けられなくなってしまうのです。
加工食品とうつ病
加工食品とうつ病の関連が指摘されています。加工食品ばかりを食べているとうつ病になりやすいというのです。実際のところ、加工食品とうつ病とは何らかの関連性があるのでしょうか。加工食品を食べることでうつ病のリスクは高まるのでしょうか。
外食とうつ病
外食が多い人はうつ病になりやすいという説があります。実際、うつ病になるのは外食中心の食生活をしている人が多いそうです。これは、食べものが原因なのでしょうか。外食の栄養構成はうつ病を引き起こしやすいのでしょうか。
甘いものとうつ病
甘いものをたくさん食べる人はうつ病になりやすいといわれています。また、うつ病になる人はなにかと甘いものを食べたがるともいわれています。実際、うつ病と甘いものとはいろいろと微妙に関係しているようです。

食生活とうつ病

会話と食事
毎日食事をする最大の目的は身体に栄養を補給するためです。しかし人間にとって食事の意味は単なる栄養補給ではありません。食事中に会話することは家族や周囲の人たちとのつながりを確認する大切な行為なのです。
食事のリズム
うつ病はリズムの病気だといわれています。生活リズムが乱れがちになると、毎日不規則な生活をしているとうつ病になりやすいというのです。実際、うつ病と食事のリズムには何らかの関連性があるようです。
食事と愛情
料理は愛情、とよくいいます。愛情のこもった料理を毎日食べることができる人は幸せです。食べる人の幸せ、健康を願って一生懸命つくられた料理は、たとえ料理そのものが上手でなくても暖かくて美味しいものです。
料理づくり
私たちは毎日食事をします。しかし、必ずしも毎日自分で料理をつくっているわけではありません。人によっては料理を全て家族や他人に任せてしまい、自分では全くつくらない人もいます。
電子レンジとうつ病
電子レンジとうつ病の関連性を指摘する人がいます。電子レンジであたためた料理ばかりを食べていると、うつ病になりやすいというのです。電子レンジは家庭でもよく使われていますが、こういう話を聞くとちょっと心配です。

うつ病と食関連アイテム

うつ病と食関連の本
うつ病と食に関連した本を調査、紹介しています。日常生活にはうつ病になる様々な要因が隠れています。うつ病と食関連の本特集ページです。

△健康・医療・学習・自己啓発記事に戻る

ページのトップへ戻る