タマツラボ
カバーフォト

希望を持つこと

株式会社タマツラボはウェブ、海外ビジネス、コミュニケーションについてのコンサルティングを提供しています。タマツラボのテーマは未来への希望。ここでは希望を持つことについて考えていきます。

希望を持つこと

希望を持つとは、どういうことでしょうか。希望を持つ人と、持たない人では、何が違うのでしょうか?希望をもつことによって、人の何が変わるのでしょうか。希望を持つことは、人や社会にとってどんな意味を持つのでしょうか。
希望を持つとは、より良い未来を望み、実現すると信じることです。希望を持つことで、人の心は未来に向かいます。今、何かをしようという気持ちになります。希望の未来を考えるとわくわくしてきます。
希望を持つ人と、持たない人とで、外見上はあまり変わらないかもしれません。希望を持つ人も、持たない人も同じような生活をしているように見えるかもしれません。
しかし、希望を持つ人と、持たない人とでは、その心の中が違っています。希望を持つことは、人の心を変えるのです。心が変わると、行動が変わります。とくに何もめざさず、ただ日々を過ごしていた人が、何かに向かって真っすぐ進もうとします。
希望を持つことはまた、社会の活力にもなります。希望ある社会では人々が活き活きとしています。希望を持つことは人々の気持ちを前向きにさせる、大切な意味を持っています。

未来への希望希望とは希望の大切さ希望を持つこと
ページのトップへ戻る