タマツラボ
カバーフォト

家族経営論

株式会社タマツラボはウェブ、海外ビジネス、コミュニケーションについてのコンサルティングを提供しています。ここでは家族経営論について考えていきます。

家族経営論

家族経営について調査、紹介しています。家族経営はコンパクトで機能的ですが、時として問題が見過ごされ歪んだままの経営になってしまいます。よりよい家族経営の方向性と必要な仕組みについて特集していきます。

家族経営はわれらを救うか

日本の企業経営はこれから、どうしていくのが良いでしょうか。効率を追求し、シンプルな組織にするべきでしょうか。それとも、ミス・不祥事をなくすために様々な安全策を施すべく、組織の官僚化を進めるべきでしょうか。
シンプルな組織はとてもすばやい判断ができます。しかし、リスクの高い判断をしてしまうという危険が伴います。もちろん、失敗した時にもすばやく軌道修正できるのが、シンプルな組織の利点でもあります。
一方で、組織の官僚化が進むと、判断ミスは少なくなるでしょう。しかし一方で仕事がパターン化してしまい、なかなか新しい事業にチャレンジすることができなくなってしまいます。どんどん良くない方向に進んでいるのに、軌道修正がなかなか効かないというのも官僚化し過ぎた組織の問題点といえそうです。
変化の激しい時代についていけなくなった大企業は、自分自身がつくりあげた巨大な官僚組織のために苦しんでいます。
一方で、柔軟ですばやい判断ができるはずの中小企業も、時代が大きく変化すると経営危機にさらされてしまいます。
それでは、もっと小さな経営組織、家族経営はどうでしょうか。
家族経営はシンプルで結束力の高い組織でありながらも、その経営判断のプロセスはけっこう複雑です。また、組織があいまいで柔軟な役割分担になっています。経営者の決断力次第で、変化への対応も比較的しやすいです。
変化の激しい今のような時代には、家族経営的な考え方を取り入れていくことが組織の活性化と適応力の強化につながります。
今のような時代だからこそ、家族経営を取り入れていくことが重要なのです。
家族経営にも弱点はあります。家族経営の問題点を見過ごしたままにしていると、ひずんだままの経営になってしまいいつしか行き詰ってしまいます。ワンマン経営の弊害はもとより、嫌な仕事を押し付けあったり、ラクな方に流れてしまったり、あるいは感情と意地に振り回され、勘と経験ばかりを頼りにするなど、家族経営にも課題がいっぱいあります。
このサイトでは家族経営の特長および課題について調べていきます。また、よりよい家族経営の方向性と必要な仕組みについて特集していきます。
理想的な経営者とか理想的な経営判断というものは見つかるものではありません。あるいはQC的反省を繰り返し、あるいは過去をリセットして変化に対応することが必要です。また、父親や先祖を敬い、家族を甘やかさないことも時として求められます。
ここでは家族経営について調査、特集していきます。経営関連その他の参考書もご紹介します。厳しい時代に生き残るべく、より良い経営を目指している方々のご参考になれば幸いです。

家族経営論

家族経営の特長 同じ釜の飯を喰う結束力
柔軟な役割分担
決断力
愛情と奉仕精神
社長に直談判
家族経営の課題 ワンマン経営の弊害
嫌な仕事の押し付け合い
「ラクして儲けたい」との甘え
感情と意地に振り回される
勘と経験が頼りの経営
方向性と必要な仕組み 理想的な経営者像と経営判断
QC的反省
過去をリセット
父親を敬い、先祖を敬う
甘やかさない

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る