TamatsuLab
slide1

八法経営曼陀羅について

八法経営曼陀羅は、経営者として気をつけ、心がけることついて、図にまとめたものです。天・地・火・水・和・徳・道・宝の八項目を周囲に配置するとともに、経営者が中央にいます。

八法経営曼陀羅について

経営知識の全体像を見渡せるようなものがあると助かるのではないか、それなら見やすくて簡単なものを作ってみよう。そう思いこの図をつくることにしました。
この図を作ったのは、経営の細かい指針を知りながら、同時に全体像を把握するためです。この図を活用することによって経営の改善点が見えやすくなると思います。
経営者は目先のこと、細かいことにも丁寧に対処しなくてはなりません。しかしながら、同時に経営者は常に長期的視点に立って全体像を見る必要があります。経営者が部分的なことばかりにとらわれていると、全体がおろそかになります。だからといって、目の前で起きている問題を素早く処理しなければ経営は傾いていってしまいます。
経営関連の本は豊富で、参考になるものがたくさんあります。ただ、たくさん本を読んで知識を増やした人が、うまく経営できるわけではありません。知識が偏っていたり、たとえ知識があっても必要なときに思い出せなかったりすると、せっかくの知識をうまく活用できません。
現在すでに経営に携わっている方、あるいはこれから経営者をめざす方には、この図を壁に貼るなどしてぜひこの図を活用し、経営改善に活かしていただきたいと思います。
もちろんこの図が経営の完成形というわけではありません。もっと良いまとめかたがあるかもしれませんし、さらなる修正・改良がくわえられてしかるべきものです。みなさまのご意見やご提案を待ち望む次第です。

八法経営曼陀羅

八法経営曼陀羅解説ダウンロード(PDFファイル)

八法経営曼陀羅解説

TamatsuLab八法経営塾について

TamatsuLab八法経営塾は、天・地・火・水・和・徳・道・宝の八項目に基づいて経営を実践すべく、経営者あるいは経営者をめざす人々が集まる塾です。年会費制で、個別の実践体験や不定期の勉強会を実施します。TamatsuLab八法経営塾の詳細についてはTamatsuLabまでお問い合わせ下さい。

ページのトップへ戻る