TamatsuLab
slide1

八法経営曼陀羅について>8.宝の章

8.宝の章

宝は大切にするべき貴重なものです。経営者は宝と宝でないものの違いを知り、その真贋を見抜き、本当の宝を大切にしなくてはなりません。

8.宝の章

宝の章では、経営において大切にすべき宝について書いておきます。

・優れた師匠
正しい方向に教え導いてくれる師匠は、経営者の宝です。何でも自分だけで判断するのではなく、優れた知恵を持つ人に相談しましょう。自分の間違いを指摘してくれる人を大切にしましょう。

・良い本
経営者に必要なのは良い本を読むことです。経営に役立つ、良い処方が書いてあるような本を選びましょう。尊敬する人、成功している人がおススメする本を読んでみるといいかもしれません。

・ともに勝ちをめざす親友
意欲的で、前向きで、良いライバルになるような友達を持ちましょう。お互い励まし合い、高めあうような友達を選びましょう。人は友達の影響を受けます。遊び友達を持つのもいいですが、経営者はできれば、ともに勝ちをめざすような人を親友にするのが良いでしょう。

・すこやかであること
健康は人生の宝です。ビジネスに全力で打ち込むためにも、健康管理をしっかりしましょう。すこやかであることは優れた経営者の必要条件です。

・手のかかる部下・後継者
部下や後継者を育てることは経営者の大切な仕事です。部下や後継者は将来の事業を支えてくれる宝です。たとえ手がかかって大変でも、忍耐強く指導・育成に取り組みましょう。

・クレーム客、ケチな客
クレーム客やケチな客は、普通の客よりも大切にしましょう。クレーム客は自分の商品やサービス、接客にどんな問題があるのかを教えてくれます。ケチな客は商品やサービスを売ることの難しさを教えてくれます。どちらも、私たちが商売人として成長するために厳しい修行をさせてくれる宝です。

△八法経営曼陀羅についてに戻る

ページのトップへ戻る