タマツラボ
カバーフォト

韓非子と法治国家

株式会社タマツラボはウェブ、海外ビジネス、コミュニケーションについてのコンサルティングを提供しています。ここでは韓非子と法治国家について少しばかり考えていきます。

韓非子と法治国家

韓非子の思想について調査、紹介しています。組織の法をただし、秩序をつけることは組織繁栄の要です。組織が腐敗、衰退しないためにも韓非子からの警告に耳を傾け法を正しましょう。

組織を潰さないために必要なこと

人は組織をつくる生き物です。人というものは単独で行動するよりも組織で行動した方がチカラを発揮しやすいといわれます。また、人は生きていく上で何らかの組織に入っていることが必要だと言われています。組織には小さなものから巨大なものまであります。たとえば、家族、学校、地域社会、会社、あるいは国家が組織にあたります。
組織を構成する人たちがめいめい好き勝手なことをしていると、組織はあっという間にバラバラになってしまいます。家族でも、学校でも、会社でも、あるいは国家でも、組織がしっかりとまとまってその機能を存分に発揮するためには、秩序が必要です。
組織内の争いをおさめてバラバラにしないよう、また組織が存分にその機能を発揮するように、組織に秩序を与えるべくつくられるもの、それが法です。
法をつくり、人々が法に従うことで、組織に秩序が生まれます。組織の中で人々の動きが規制されます。人々は欲にまかせて好き勝手に動くことはできなくなりますが、そのぶん組織がバラバラにならず効果的に機能するようになります。法によって支配者の個人的弱点を補うことができます。法があることで愛情に流され、好き嫌いの感情に左右されることもなくなります。
法をどのようにつくるかによって、組織の運命は大きく変わります。
法は単純明快で理解しやすく、厳しくて公正なものでなくてはなりません。
そして法を扱う支配者は、ことさらなことをせず、人々に好き嫌いを悟られないよう、厳しく法を執行します。そうすることで組織の規律を正し、国家を繁栄させることができるのです。
法をなおざりにしていると、組織内の秩序は乱れ、人々はバラバラになります。最後には組織とそこに属する人たち全てが滅んでしまうかもしれません。
韓非子は中国戦国時代において、国々の興亡を学び、それに基づいて法のあり方を説きました。
祖国が腐敗し、バラバラになろうとしているのを憂い、祖国を想うがあまりに書かれた韓非子の思想は、現代のわれわれにも組織と法のあり方を考えさせてくれます。
このサイトでは韓非子の書をピックアップし、その法家思想について紹介しています。
国家に限らず、あらゆる組織を腐敗・衰退させないためにも、私たちも謙虚な気持ちで韓非子の言葉に耳を傾けようではありませんか。 このサイトが組織と法による秩序について考えるヒントとなれば幸いです。

韓非子と法治国家

人間観 法無きは争いのもと
権力と人間の欲望
個人的弱点を補うもの
愛情ではなく法
好き嫌いの感情
統治の法 法は単純明快であるべし
賞罰を公正に実施すべし
人々の行動パターンを利用する
厳しい法を断行すべし
占い・弁論に頼らず法に頼る
法を補う術 弁士をしりぞけるべし
好き嫌いを悟られない
人の情報はうのみにしない
権力はあけわたさない
自分からは動かない
情に任せて法を曲げない
外国に頼らない

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る