タマツラボ
カバーフォト

ユングと宗教心理学

株式会社タマツラボはウェブ、海外ビジネス、コミュニケーションについてのコンサルティングを提供しています。ここではユングと宗教心理学について考えていきます。

ユングと宗教心理学

ユング心理学について調査、特集しています。独自の分析と理論により専門家により深い影響力を持つユング心理学、とりわけ宗教と人々の心理の関係について紹介していきます。

神は人の「心」をどう作ったのか

心理学というとフロイトとユングが有名です。フロイトもユングも20世紀前半にヨーロッパで活躍した心理学者です。
知名度としてはフロイトの方が高いかもしれません。フロイト心理学はわかりやすくて一般の人々にも広く親しまれています。一方で、ユングはどちらかというとわかりにくくて専門的、一般の人々には近づきにくいというイメージがあります。
心理学の専門家にはユングが好きな人が多いように感じます。心理学をより深く勉強したい、人間心理の本質をしっかり見極めたい、という人にとってはユング心理学はとても興味深いものがあるのかもしれません。
ユング心理学で気になるのが夢、無意識、臨床試験、性と社会的抑圧、そして神の存在です。
人間心理は環境から様々な影響を受けて変化し続けます。家族の影響、教育の影響、社会の影響、恋人の影響、そして宗教の影響など、生きている限り周囲から影響を受け続け、また周囲に影響を与え続けます。
フロイトが本能的欲求とそれに対する社会的抑圧に注目したとすれば、ユングはその中でも宗教に着目した心理学者といえるかもしれません。
ユングはヨーロッパの人々の心理に深く根付いているキリスト教の影響力について分析しています。特に旧約聖書や新約聖書の物語と抑圧された人間心理の関係について注目すべき書籍を執筆しています。
ユングの心理学を学ぶことは、心理学についての知識が深めるだけでなく、キリスト教とその教えを理解するとともに、ヨーロッパやアメリカの人々の考え方、行動のしかたを理解する助けになります。
日本で生活しているとあまり意識はしないですが、宗教の影響は極めて大きいです。日本人も様々な影響を宗教から受けています。さまざまな宗教の影響を受けて世界は動いています。
ユング心理学を学ぶことで、その世界の動きを理解する手掛かりになるかもしれません。

ユングと宗教心理学

ユング心理学 夢と心理分析
複数の無意識
ユングと臨床試験
性と社会的抑圧
神の存在
宗教と人間心理 誰が何を作ったのか
信仰の必要性
ヨブ記とユング
現代社会と心理 統合失調症やうつ病
恋愛失敗パターンからの脱出
社会のいじめと暴力を防ぐもの
神と人間

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る