タマツラボ
カバーフォト

不安と恐れ

株式会社タマツラボはウェブ、海外ビジネス、コミュニケーションについてのコンサルティングを提供しています。人は心ひとつでその行動が大きく変わります。ここでは、不安と恐れについて考えていきます。

不安と恐れ

不安や恐れは、人の感情を大きく揺さぶります。不安や恐れがあると人はその能力を十分に発揮できなくなります。場合によっては、大きな判断ミスをし、取り返しのつかないことになることもあります。
不安な気持ちは、人の気持ちを不安定にします。仕事をしていてもどことなくそわそわして、集中できなくなります。こんなことをしていていいんだろうかと、気持ちがそぞろになるのです。不安は人を萎縮させ、パフォーマンスを下げます。
従業員たちが仕事に集中するためにも、会社の経営者はできれば従業員たちの不安な気持ちを取り除いてあげることが大切です。また、集中力の妨げになるような不安を与えないことも重要です。
恐れは、人をパニックにします。恐怖を感じると人はいてもたってはいられなくなり、とんでもない行動をすることがあります。人は恐れから解放されたい思うようになり、場合によってはそこから逃げようとしたり、恐怖を与えた相手を攻撃しようとします。
だれしも恐ろしい思いはしたくないものです。できれば恐怖におびえることなく、安心して日々を過ごしたいです。また、恐怖を与えられたら、その与えた相手を憎たらしく感じることもあります。
不安や恐れによって、人の精神状態は大きく不安定になります。ビジネスにおいては心の状態はとても大切です。不安や恐れがある状況では、まともにビジネスができなくなることもあります。

心の状態ふらつく気持ち不安と恐れ心の力
ページのトップへ戻る