タマツラボ
カバーフォト

議事録をつくり、送付する

交渉をしたら、議事録をつくると良いといわれています。議事録はできるだけ自分でつくります。そして関係者や交渉相手に送ります。議事録を自分でつくり、関係者や交渉相手に送るのにはある理由があります。


議事録をつくり、送付する

交渉をしたら、議事録をつくると良いといわれています。議事録はできるだけ自分でつくります。そして関係者や交渉相手に送ります。議事録を自分でつくり、関係者や交渉相手に送るのにはある理由があります。
人の記憶というのはあやふやなものです。交渉をしても、議事録が残っていないとそのときどんな話をしたのか、どんなことに合意したのか、どんなことが課題に残っているのかを忘れてしまうことはよくあります。ただ忘れるだけでなく、自分の都合の良いように考えてしまうことも少なくありません。
交渉相手の記憶と、自分の記憶が違っているということも少なくありません。お互いに勝手な解釈をしてしまうと、交渉後にもめごとを引き起こすようになります。
議事録が無いと、交渉した意味がなくなってしまうだけでなく、後でお互いに不愉快な思いをすることにもなりかねません。
議事録をつくるのは面倒臭いです。だからこそ、コチラが議事録をつくれば交渉が有利になります。
コチラがせっせと議事録を作れば、交渉相手もラクチンですし、安心します。だんだん、相手もコチラの議事録を頼りにするようになります。
そうしてその後の交渉がコチラのつくった議事録に基づいて進められるようになるのです。
議事録は備忘録になるだけでなく、不明瞭な点や、お互いが勝手な解釈をしがちな点を明らかにしてくれます。その議事録を自分たちで書けば、交渉を比較的容易に自分たちに都合の良い方向に持っていけます。
交渉をスムーズに、また有利に進められるためには、議事録をつくる習慣を身につけることがとても大切です。

ビジネス交渉術

交渉の基本 交渉前に勝負は決まっている
相手が興味あることを知る
譲れない一線
選択肢を用意し、選ばせる
良好なコミュニケーション
議事録をつくり、送付する
合意と契約
交渉のテクニック 褒め言葉にお金はかからない
口約束はあくまで口約束
相手のプライドをくすぐる
冷静になり感情を出す
交渉相手を驚かせる
交渉と心理戦 交渉相手の特性を利用する
交渉相手の作戦を読む
相手の言葉に振り回されない
人脈を活用する
相手の立場に立って考える

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る