タマツラボ
カバーフォト

相手のプライドをくすぐる

交渉は、お互い有利な条件を引き出すために話し合いをすることです。上手により多くの有利な条件を引き出すためには、自分のプライドは捨て、相手のプライドをくすぐることがとても効果的です。


相手のプライドをくすぐる

交渉は、お互い有利な条件を引き出すために話し合いをすることです。上手により多くの有利な条件を引き出すためには、自分のプライドは捨て、相手のプライドをくすぐることがとても効果的です。
人にはプライドがあります。プライドというのは自分が能力が高い、品格がある、あるいは下品なことをする人間とは違う、と自分で定義づけ、それによって自分という存在に満足することです。
交渉をするとき、プライドが邪魔をして積極的になれないときがあります。
例えば、
「普通の人だったら、そんなところまでがめつい要求はしませんよ」
と言われると、要求しようという気持ちがちょっとひるんでしまいます。
普通の人とはどんな人なのか、本当にその要求が「がめつい」のかはよくわからなくても、そういう風に言われてしまうことで、もっと要求しようという強い気持ちがくじけてしまうのです。
交渉ごとで積極的になるためには、自らのプライドをあえて捨てることです。
プライドを捨てることで、自分で自分にかけていた規制を外すことができます。つまり、交渉をするときに自分がとる行動の範囲が広くなるのです。
交渉相手も何らかのプライドを持っています。プライドをくすぐってあげることで、相手は自分自身の行動を規制するようになります。
例えば、あなたは大変なお金持ちですねと言うのは、お金について相手の要求をできるだけやわらげるのに有効です。
中途半端なプライドを持って交渉が不利になるくらいだったら、いっそのことプライドを捨ててしまいましょう。そして、要求すべきことはどんどん要求しましょう。
プライドをくすぐって相手の要求をやわらげていくことで、交渉をだんだん有利にしていくことができるのですから。

ビジネス交渉術

交渉の基本 交渉前に勝負は決まっている
相手が興味あることを知る
譲れない一線
選択肢を用意し、選ばせる
良好なコミュニケーション
議事録をつくり、送付する
合意と契約
交渉のテクニック 褒め言葉にお金はかからない
口約束はあくまで口約束
相手のプライドをくすぐる
冷静になり感情を出す
交渉相手を驚かせる
交渉と心理戦 交渉相手の特性を利用する
交渉相手の作戦を読む
相手の言葉に振り回されない
人脈を活用する
相手の立場に立って考える

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る