タマツラボ
カバーフォト

冷静になり感情を出す

交渉するときは、冷静になりよく観察し、限られた時間で適切な判断をしなくてはなりません。また一方で、怒ったり、あるいは笑ったりなど自分の感情を出して交渉相手を揺さぶっていくことも大切です。


冷静になり感情を出す

交渉するときは、冷静になりよく観察し、限られた時間で適切な判断をしなくてはなりません。また一方で、怒ったり、あるいは笑ったりなど自分の感情を出して交渉相手を揺さぶっていくことも大切です。
交渉を有利に進めるためには、冷静な観察力、判断力が求められます。冷静さを失っていては、全体を見渡すことができなくなり、また細かいことに気づかなくなる危険性があります。また、頭に血が登っている状態では往々にして間違った判断をしてしまいます。
適切な判断をするためには、冷静になり、そしてよく観察することが大切です。交渉は相手との知恵比べですから、よく集中して知恵を出していかなくてはなりません。
交渉するときは、感情を表に出しましょう。時として大きな声で怒鳴ったり、笑ったりするのも効果的です。
もちろんやりすぎは禁物です。怒鳴ってばかりだと雰囲気が悪くなりますから、笑いも入れましょう。こちらが感情を出していくことで、心理的に有利に立つことができます。
また、こちらが感情的になっていると、相手が見くびってくるようになります。感情を出すといっても、頭は冷静でなくてはいけません。
怒鳴ったり、笑ったりしながらも、次にどうするか、どんな切り替えをするのかを考えていきます。
頭の中は冷静そのものでありながら、外から見ると感情的、というのが交渉が上手になるための姿といえるでしょう。

ビジネス交渉術

交渉の基本 交渉前に勝負は決まっている
相手が興味あることを知る
譲れない一線
選択肢を用意し、選ばせる
良好なコミュニケーション
議事録をつくり、送付する
合意と契約
交渉のテクニック 褒め言葉にお金はかからない
口約束はあくまで口約束
相手のプライドをくすぐる
冷静になり感情を出す
交渉相手を驚かせる
交渉と心理戦 交渉相手の特性を利用する
交渉相手の作戦を読む
相手の言葉に振り回されない
人脈を活用する
相手の立場に立って考える

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る