タマツラボ
カバーフォト

放射性廃棄物

原子力発電所を運転すると放射性廃棄物が発生します。放射性廃棄物というのは、放射性物質が含まれる廃棄物です。放射性廃棄物の処理は危険性や環境への影響が懸念され、原子力発電の大きな課題になっています。


放射性廃棄物

原子力発電所を運転すると放射性廃棄物が発生します。放射性廃棄物というのは、放射性物質が含まれる廃棄物です。放射性廃棄物の処理は危険性や環境への影響が懸念され、原子力発電の大きな課題になっています。
原子力発電所からは、さまざまは放射性廃棄物が発生します。放射性廃棄物は、原子力発電所が運転する限り発生し続け、蓄積されていきます。
放射性廃棄物には、高レベル放射性廃棄物と、比較的線量の低い低レベル放射性廃棄物に分類されます。高レベル放射性廃棄物には、使用済み核燃料や放射線濃度の高い廃液などがあります。低レベル放射性廃棄物には、作業者の衣服、設備、配管、除染に使用した水などが含まれます。
使用済み核燃料の場合は「再処理」に回されることがあります。再処理工場では使用済み核燃料からまだ使用可能なウラン等を取り出します。これによって一部はまた核燃料として使用できます。ただし、再処理できない使用済み核燃料は廃棄物となるしかありません。それに、再処理の作業工程のなかでも放射性廃棄物は発生します。
放射性廃棄物の処分については地中への廃棄、海洋投棄などの方法があります。人々が生活する中へ放射性廃棄物を持ち込むわけにはいきませんから、人里離れた場所に廃棄する必要があります。しかし、地中への廃棄、海洋投棄のいずれも、環境への懸念がないわけではありません。
廃棄物処理の方法が確立されていないのに原子力発電の営業運転を続けると、ひたすら処理されないままの放射性廃棄物が蓄積され続けることになります。最終処理の方法が決まっていないまま放射性廃棄物が増え続けている現状は、将来への不安を増大させています。

原子力発電について

原子力発電とは 核分裂エネルギー
原子炉
発電プラント
原子力発電の課題 放射性廃棄物
原発作業者とその健康
安全設計と品質管理
事故発生時の対応
原子力発電所の廃炉
原子力発電の今後 これからの原子力発電
原子力発電はなくすべきか
エネルギー政策の将来

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る