タマツラボ
カバーフォト

安全設計と品質管理

核分裂エネルギーは爆発的に大きく、核反応は放射能を伴う危険なものです。ですから、原子力発電は何重にも安全設計が施され、万全の品質管理をもって決して事故や不具合が起きないようにしなくてはなりません。


安全設計と品質管理

核分裂エネルギーは爆発的に大きく、核反応は放射能を伴う危険なものです。ですから、原子力発電は何重にも安全設計が施され、万全の品質管理をもって決して事故や不具合が起きないようにしなくてはなりません。
原子力発電は、国家運営にかかわる重要なプロジェクトです。原子力発電所を設計し、建設、運営していくうえで、その「安全」と「品質」は絶対に間違いがあってはならない最重要課題です。
原子力発電が導入された初期段階からその安全については専門家による様々な検討と議論が行われ、発電所建設にあたっては二重、三重の安全設計が施されています。設計図面はしかるべき監査と検証と行われたうえで承認され、品質に関するチェックも何度も実施するよう取り決められています。
しかしながら、原子力発電における体制を見た場合、安全と品質に関わるさまざまな課題が浮き上がってきます。
巨額の費用がかかり、一度プロジェクトが始まると後戻りできない: 原子力発電所の建設は巨大なプロジェクトです。土地の調査などから始まり建設候補地が決まると地域行政への働きかけと住民への説得、用地の買収など、建設を開始する前からかなりの資金が動くことになります。
巨額の費用がかかるプロジェクトは、一度動き出すと簡単には後戻りできません。また、巨額の資金による利権構造が発生し、不具合が隠ぺいされやすくなります。
「安全神話」の徹底が不具合を見逃しやすくする: 原子力発電所建設における、地域住民に対する説明は原子力発電の安全性強調に終始します。いわゆる「安全神話」の徹底が原発誘致の基本となっているのです。
安全神話を流布し、徹底させることで、その危険性について人々が神経をとがらせることがなくなり、監視の目が緩みます。安全神話を多くの人々が信じ込むことによって、不具合が見逃されやすくなります。
現場作業者の課題: 原子力発電所の現場作業は被ばくを伴います。熱心に働く作業者ほど被ばくを受けやすく、健康被害を受けないためには被ばく線量の徹底管理が必要です。そして、一定の被ばく線量を越えたら、それ以上作業させないようにしなくてはなりません。線量の徹底管理をすると、どんどん作業者を交代させなくてはならず、熟練作業者が育たなくなります。
原子力発電所の現場作業の実態については派遣労働者の問題など様々な指摘があり、作業者の健康と発電所の安全に関して多くの課題を残しています。
原子力発電の安全と品質に関しては、ほかにもさまざまな課題が指摘されています。原子力発電を安全なものにするためには、これらの課題をクリアし、安全と品質に決して間違いがおきないようにすることが求められます。

原子力発電について

原子力発電とは 核分裂エネルギー
原子炉
発電プラント
原子力発電の課題 放射性廃棄物
原発作業者とその健康
安全設計と品質管理
事故発生時の対応
原子力発電所の廃炉
原子力発電の今後 これからの原子力発電
原子力発電はなくすべきか
エネルギー政策の将来

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る