タマツラボ
カバーフォト

事故発生時の対応

原子力発電所で事故が発生すれば、広範囲の人々に大きな影響を及ぼします。事故発生時の対応いかんによっては多くの人々の生命や健康を害し、地域・海洋の汚染を引き起こし、国際社会から批判されることになります。


事故発生時の対応

原子力発電所で事故が発生すれば、広範囲の人々に大きな影響を及ぼします。事故発生時の対応いかんによっては多くの人々の生命や健康を害し、地域・海洋の汚染を引き起こし、国際社会から批判されることになります。
原子力発電所は事故がおきないよう、二重、三重の安全設計が施されています。しかし、だからといって事故が起きないと過信するわけにはいきません。むしろ、事故はいつ起きてもおかしくないと考えるべきです。そして、事故が発生しても可能な限り深刻な事態に陥らないよう、危機管理体制を万全にしておくことが必要です。
原子力発電所を運営するにあたっては、あらかじめ事故発生時の指揮系統を明確にし、住民への情報提供、避難指示を含めた緊急時の情報連絡が迅速かつ、的確に行われるようにしておかなくてはなりません。
原発事故発生のニュースはスグに世界中に広がります。事故に対する対応は、政府、原子力に関する機構、電力会社の区別なく、「日本の対応」としてみなされます。
情報開示が遅かったり、説明があやふやだったり、言っていることが不明瞭だったりすれば、スグに国際世論からの非難を浴びることになります。
緊急時には、現場との密接な情報交換が不可欠です。緊急時の指揮系統は日頃から、現場と信頼関係を築き上げておくことが大切です。
現場との情報交換がまともにできていなかったり、現場の不満、指揮系統との確執が事故発生時に明るみになるなどということは論外です。
緊急時は、現場では命がけの作業が山ほど発生します。指揮系統は現場の作業者が精神的・肉体的に限界にならないよう、スグにサポート体制を確立しなくてはなりません。現場との密接な情報交換は不可欠ですが、そのためのテレビ会議等が現場に余計な負担をかけるようなものであってはなりません。
事故を想定し、対応に万全を期することは、あらゆる原子力発電所の危機管理に対して言えることであり、ほんの少しでもなおざりにしてはならない事です。

原子力発電について

原子力発電とは 核分裂エネルギー
原子炉
発電プラント
原子力発電の課題 放射性廃棄物
原発作業者とその健康
安全設計と品質管理
事故発生時の対応
原子力発電所の廃炉
原子力発電の今後 これからの原子力発電
原子力発電はなくすべきか
エネルギー政策の将来

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る