タマツラボ
カバーフォト

原子力発電はなくすべきか

原子力発電はなくすべきだとする意見があります。原子力発電は危険であり、事故や放射性廃棄物など将来への不安を残すことから、決してエネルギー源として有望ではなく、今後廃止していくべきだというのです。


原子力発電はなくすべきか

原子力発電はなくすべきだとする意見があります。原子力発電は危険であり、事故や放射性廃棄物など将来への不安を残すことから、決してエネルギー源として有望ではなく、今後廃止していくべきだというのです。
エネルギー源としての原子力を完全に放棄するのは、良いことではありません。たとえ現状ではたくさんの課題を抱えているにしても、将来は技術の進歩により課題が解決できるかもしれません。
放射性廃棄物の問題や労働者の問題をクリアして、より安全性の高い、放射性廃棄物を出さない原子力発電が開発できれば(仮に開発できれば、の話ですが)、それはきわめて有望なエネルギー源となりうるでしょう。
しかし、現状を見る限り、原子力発電は必ずしも最も有望であるとはいえません。
原発事故とともに、利権構造や電力会社の経営体質などもクローズアップされるようになり、原子力推進に対する不信感が広がっています。
課題を抱えたままの原子力発電の稼働を継続するくらいなら、むしろ原子力発電をなくしてしまった方が国民は安心できるかもしれません。
原子力発電をやめてしまうと現状の経済が立ち行かなくなるから続けるべきだという意見があります。経済に悪影響を及ぼすなら、スグにやめてしまうわけにはいかないかもしれません。しかしながら、目先の経済を優先させて将来にかかわる問題をいつまでも先送りするのは良いことではありません。
このまま続けるよりは思い切って日本の原子炉をすべて廃炉にし、一からやり直した方がより原子力行政にとっても良い方向性が打ち出せるかもしれません。
原子力発電をなくすべきかどうか。これは、目先の経済や利権構造を優先させるのではなく、長期的な日本の将来をより良いものにしていくために、人々が安心して豊かに暮らしていけることを目指して考えるべき課題です。

原子力発電について

原子力発電とは 核分裂エネルギー
原子炉
発電プラント
原子力発電の課題 放射性廃棄物
原発作業者とその健康
安全設計と品質管理
事故発生時の対応
原子力発電所の廃炉
原子力発電の今後 これからの原子力発電
原子力発電はなくすべきか
エネルギー政策の将来

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る