タマツラボ
カバーフォト

エネルギー政策の将来

エネルギー政策は今後、どのようになっていくのでしょうか。私たちは今後、エネルギーの利用に対してどのように考えていくべきでしょうか。ここではエネルギー政策の将来について少し考えてみましょう。


エネルギー政策の将来

エネルギー政策は今後、どのようになっていくのでしょうか。私たちは今後、エネルギーの利用に対してどのように考えていくべきでしょうか。ここではエネルギー政策の将来について少し考えてみましょう。
原発事故とその処理の長期化により、原発反対の機運が高まりを見せています。政府としても国民の民意が原発反対に傾いているのであれば、原子力行政について軌道修正をしないわけにはならなくなります。
もし仮に今後、原子力発電への依存度を下げるとすれば、どのような懸念が浮かび上がってくるのでしょうか。
即座に発生する懸念は、電力供給の不足です。そして、それを補うための代替エネルギーの確保です。日本は石油などのエネルギーのほとんどを輸入に頼っています。どの国からどんなエネルギーを輸入しているかによって、政治外交にも影響を及ぼすことになります。
国内の資源開発も重要になってきます。従来は重視されてこなかったエネルギー開発も、真剣になって取り組まなくてはならなくなります。
原子力エネルギーへの研究も重要です。多くの人々が原発反対するには、理由があります。その理由となっている懸念を払しょくし、現在反対している人たちでも納得するような技術が開発できるまでは、営業運転する原子力発電は極力減らして、研究に専念した方が良いでしょうから。
エネルギー政策を大転換すると、従来の利権構造が影響を受け、また官僚、企業、その他たくさんの人々の利害が大きく影響を受けます。それだけに関係省庁との調整もむつかしく、なかなか従来の路線から変更しにくいところがあります。しかし、現状の道をそのまま突き進むのは危険なことであり、大きな決断が迫られています。

原子力発電について

原子力発電とは 核分裂エネルギー
原子炉
発電プラント
原子力発電の課題 放射性廃棄物
原発作業者とその健康
安全設計と品質管理
事故発生時の対応
原子力発電所の廃炉
原子力発電の今後 これからの原子力発電
原子力発電はなくすべきか
エネルギー政策の将来

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る