TamatsuLab
カバーフォト

新型コロナウイルス対応とビジネスのこれからについて>健康と予防医療の重視

健康と予防医療の重視

ここでは、ウイルスに負けない健康づくりと予防医療について特集していきます。新型コロナウイルス対応としては、単に家に閉じこもって他人と接触しなければよいというものではありません。感染を防ぐ努力をするだけでなく、免疫抵抗力を改善すること、生活習慣病にならないことが大切です。免疫力向上と予防医療としての健康づくりのためのヒントを紹介していきます。

毎日入浴し、身体を清潔に保とう

毎日しっかりお風呂に入って、身体を清潔に保ちましょう。入浴はウイルス対策や免疫力アップに有効な手段としておススメです。また、じっくりお湯に浸かることでリラックスでき、ストレス発散の効果も期待できます。ここでは主に健康づくりの観点から入浴について見ていきます。

「ステイ・ホーム」による「コロナ太り」に注意

ウイルスに感染しないために「ステイ・ホーム(家に閉じこもれ)」というスローガンが広まっています。たしかに、家に閉じこもってさえいれば他人との接触による感染リスクは少なくなるでしょう。しかし、ずっと家に閉じこもったままでは、ストレスがたまり、ついつい食べ過ぎてしまいます。ウイルスに感染しないよう注意するとともに、「コロナ太り」にも注意しなくてはいけません。

呼吸器系を大切にしよう

コロナウイルスは主に鼻やのど、肺など呼吸器系の疾患を引き起こすウイルスです。呼吸器系が弱いと、ウイルスに感染することで重症化しやすくなるといわれています。ウイルスによる重症化を防ぐためには、日常の生活習慣に気を付けて呼吸器系を弱めないようにするとともに、定期的なエクササイズをすることが大切です。

食生活を見直そう

新型コロナウイルスの拡大によって、私たちは食生活の見直しの必要性に迫られています。食事による感染を防ぐとともに、感染したときに重症化しないよう、健康的な食生活を心がけることが大切です。ここでは、ウイルス対策としての感染予防と健康的な食生活について見ていきます。

ストレスをためないようにしよう

新型コロナウイルスの感染拡大により私たちの日常生活は大きな変化を余儀なくされています。思い通りの生活ができなくて、ストレスがたまっている人も少なくないかもしれません。しかし、ストレスをため込むと職場や家庭内で不和を引き起こしたり、病気になったり、精神的に落ち込んだりします。こういうときこそ、ストレスをためないようにすることが大切です。

睡眠をしっかりとろう

私たちな人生のおよそ三分の一の時間を睡眠に費やしています。しっかりと睡眠をとることでリフレッシュして、日々元気に活動することができます。睡眠は私たちの健康のため、最も重要だといわれています。良い睡眠をとることが、病気にならない身体づくりには不可欠です。新型コロナウイルスが猛威を振るう今こそ、自分自身の睡眠を見直すことが大切です。

新型コロナウイルス対応とビジネスのこれからについてに戻る

ページのトップへ戻る