TamatsuLab
新型コロナウイルス対応とビジネスのこれからについて

新型コロナウイルス対応とビジネスのこれからについて感染拡大を防ぐ生活習慣>夏の屋外ではマスクを外す

夏の屋外ではマスクを外す

ウイルス感染を防止するには、マスクが有効だといわれています。しかし、夏の暑い日にマスクをしていると、だんだん苦しくなってきますよね。換気の悪い屋内や、人が密集する場所ならともかく、屋外でマスクをする必要はあるのでしょうか? 暑い季節にマスクをつけるべきかどうか、考えた方がいいかもしれません。

夏の屋外ではマスクを外す

ウイルスは太陽光線に弱いとか、高温多湿の夏にはあまり流行しないとかいった説もあります。実際そうかもしれません。しかし、だからといって油断すると大変な目にあうかもしれません。いつ再びウイルスが猛威を振るうかわからないのですから、用心するに越したことはありません。
一方で、熱中症などウイルス以外の問題にも注意することが大切です。
夏の屋外ではマスクを外した方が良いようです。マスクをつけていると蒸れやすくなります。マスクをつけることで顔に汗をかき、体温が上昇し、熱中症にかかりやすくなるといわれています。夏は、マスクをつけることによる効果よりも、弊害の方を気にした方がいいのかもしれません。
特に、厳しい暑さが予想される真夏は、屋外ではマスクをつけないようにしましょう。どうしても人と接近するのでマスクをつけなくてはならないのなら、不織布マスクではなく、汗を吸収してくれる布マスクを選びましょう。
屋内で温度や湿度が低いところ、クーラーが効いていて肌寒いところなどは、特に汗もかかないでしょうから不織布のマスクをつけるのが良いでしょう。夏風邪をひいたりして、マスクをつけないままくしゃみをすると、周りの人たちも不安になります。
夏の暑い季節、場所と状況によってマスクを使い分け、効果的な感染予防をこころがけましょう。

感染拡大を防ぐ生活習慣に戻る

ページのトップへ戻る