タマツラボ
カバーフォト

論語について

株式会社タマツラボはウェブ、海外ビジネス、コミュニケーションについてのコンサルティングを提供しています。ここでは論語について少しばかり考えていきます。

論語について

論語について調査、紹介しています。中国古代の古典、孔子やその弟子たちの言行録には学べるところがいっぱいです。論語を通じて現代社会とその生き方について考えてみましょう。

一体誰のことを先生というのか

多くの人々は社会組織の中で生活し、生きています。特に現代社会は高度に複雑化されています。便利ではありますが、ここまで複雑な社会に生きていると疲れますしストレスもたまります。
同時に、今は変化の激しい時代です。
組織というものは、成長しているときは全員が協力し合って雰囲気も良いですが、停滞や衰退がはじまると内部は腐敗し、対立や崩壊が始まって中にいる者は非常につらく苦しい思いをします。
いっそのことあらゆる組織から逃げ出して世捨て人になろうか、なんてことを思ってしまうかもしれません。でも、やっぱり現代人として生まれたからには、社会を抜けるのはなかなかできることではありません。それに、現代社会が良くないと思うのならば、それをより良く、過ごしやすいようにしていくのが人としての使命ではないでしょうか。
孔子は古代中国の春秋時代末期に生きた人です。孔子の時代、中国はだんだんと国が乱れ、戦国時代へと移行していくさなかでした。「道」は行われず、仁義や礼節がおろそかにされた時代、いわば組織の腐敗と崩壊が目立った時代といっても良いかもしれません。
そのような時代に孔子はどう生きたのでしょうか。孔子の生きざまは私たちに一体何を教えてくれるのでしょうか。
論語を読むと、孔子の生きざまの一端を知ることができます。孔子の発言、行動、教育のしかた、そして弟子たちとの会話やその議論を通じて、孔子と弟子たちの人となりにふれることができます。
同時に、論語を読むと様々なことを学ぶことができます。
例えば、論語は変化の激しい時代の生き方や、人々が私利私欲に走り組織が崩壊しようとしているときの行動のしかたについて、そのヒントを与えてくれます。
そして論語はまた、私たちが忘れていた当たり前のこと、大切にしなくてはならないことを思い出させてくれます。
高度化、複雑化する現代社会に生きる私たちに、論語の一言一言は重要な人生の道しるべとなってくれるのです。
論語は文章が短く断片的で、さまざまな解釈ができてしまいます。また孔子の発言にも、いささか一貫性を欠いた印象を受けることがあります。しかし、それでもなお現在でも論語が多くの人に読まれ、その輝きを失わないのには理由があります。孝行、仁と義、礼楽、そして道と徳といった言葉については、今でも孔子の教えが息づいているといっても過言ではありません。
このサイトでは論語について調査、紹介するとともに、現代社会の人々が論語から何を得ることができるかを考えてみます。
このサイトを通じて一人でも多くの人々がより良く生きる知恵を得ることができれば幸いです。

論語について

論語について 論語とその影響力
学ぶ姿勢
孝行
仁と義
礼楽
論語の「道」
教育のしかた
「徳」
現代社会と人間 社会組織の中の人間
家族愛の道しるべ
人生は苦難の旅
あえて世を捨てず

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る