タマツラボ
カバーフォト

飲食店経営と資格

ここでは飲食店経営と資格について考えていきます。


飲食店経営と資格

飲食店を始めるときには一体どんな資格が必要になるのでしょうか。また、どんな資格を持っておくとよいでしょうか。意外と知らなれていない資格について主要なものをまとめてみたのでご参考にしてください。
これらの資格は必ずしも飲食店経営に必須ではありませんが、始める前にひとつは持っておきたいところです。資格というものは今後商売を続けていくにあたっての自信になりますから。
まずは思い当たる資格は「調理師」の資格です。調理師は専門の調理師学校を卒業するか、あるいは飲食店などで2年以上調理の実務を経験した上で国家試験に合格すれば取ることができます。
「2年も修行するの?」と思う方もいるかもしれません。でも2年なんてあっという間です。飲食店経営は頭で覚えるより身体で覚えた方が良い部分もありますから、いきなり自分のお店を持つ前に2年くらいは修行しておいたほうが安心でしょう。
資格を持っていない方はぜひ修行の上で国家試験にチャレンジするのをおススメします。
調理師のほかには栄養士、製菓衛生師、河豚(フグ)を取り扱う場合のふぐ包丁師などがあります。
お酒にまつわるものはワインソムリエ、バーテンダー、ビアテイスターなどなど。
他にもフードコーディネーターなど食べものにまつわる資格はたくさんあります。興味があれば検索エンジンなどで調べてみてください。
資格を取るのは良いことです。自分に自信がつくだけでなく、まわりの人々から認められる存在になりますから。ですが、ただ資格を持っているだけで飲食店の経営が上手くいく、というものではありません。資格はある基準を満足したという証明を手にしたということで、いわば基礎づくり、土台づくりです。飲食店をうまく経営するにはそれになにかプラスアルファを付け加える必要があります。

飲食店経営のすべて

始める前に 始めるは易し、続けるは難し
飲食店経営のための修行
飲食店経営と資格
飲食店に必要なプラスアルファ
魅惑の飲食店経営
お店づくり お店のイメージ
お店のデザイン
飲食店の店舗設計と建築
飲食店の看板
飲食店の家具
飲食店の食器
飲食店の厨房
お店で使う家電
飲食店のインテリア
飲食店と駐車場
広告・宣伝 看板、暖簾、ノボリ旗、イーゼル
フリーペーパーなどへの広告
DM・チラシによる広告
クーポンによる飲食店の集客
インターネットでの集客
雑誌・テレビの取材
タイアップによる飲食店の集客
ブランドづくり 飲食店のブランドとは
飲食店のこだわり
権威と飲食店のイメージ
名前を覚えてもらうには
従業員の育成 シェフ・料理人の育成
アルバイトの育成
お金の管理・経営 飲食店の開業にかかる費用
飲食店の経営とお金の管理
店舗の拡大

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る