タマツラボ
カバーフォト

お店のイメージ

ここではお店のイメージについて考えていきます。


お店のイメージ

飲食店はお店のイメージによって繁盛したり、しなかったりします。入りやすさ、中の雰囲気、接客などによるお店全体のイメージが訪問してくるお客さんの種類や客単価、リピート率を左右します。
このように、お店のイメージ作りは飲食店の将来を左右するとても大切なものです。
お店のイメージ作りは、そのコンセプトを決めることから始まります。コンセプトを決めるとは、どんなお客さんにどのように過ごしてもらうかを考えることです。
例えば、クルマで外回りしている営業マンがほっと一息、コーヒー飲んで休憩するような喫茶店をイメージしてみましょう。
クルマが停められる駐車スペースは当然として、道路を走っていてふと見たら「お、ここで休憩したいな」と入りたくなるような店構えが必要です。
インテリアは安らぎを感じるデザインにして、ひと目を気にせずゆっくりできるレイアウトが良いでしょう。お店の名前や看板のデザインも、仕事疲れをいやしてくれそうなものにすれば、全体としての統一感も取れるのではないでしょうか。
コンセプトは、どんなお客さんにどのように過ごしてもらうかによって大きく違ってきます。
そして、そのコンセプトが決まることによってお店のイメージが決まっていくのです。
コンセプトを決めず、どんなお客さんに来てもらうかを考えないままお店のイメージを作ろうとすると、はっきりしない、ぼやけたイメージのお店になってしまいます。
最初のうちはぼやけたイメージのお店でもお客さんが来るかも知れませんが、いつのまにか来なくなってしまいます。来なくなってしまうのはそのお店に来る理由、目的がはっきりお客さんの頭の中にイメージできていないからです。
お店を開いてからそのイメージを変えるのはけっこう大変です。お店全体の改装・改造につながるようなことは簡単にはできません。ですから最初のうちにコンセプトを決めて、お店のイメージを練っておきましょう。

飲食店経営のすべて

始める前に 始めるは易し、続けるは難し
飲食店経営のための修行
飲食店経営と資格
飲食店に必要なプラスアルファ
魅惑の飲食店経営
お店づくり お店のイメージ
お店のデザイン
飲食店の店舗設計と建築
飲食店の看板
飲食店の家具
飲食店の食器
飲食店の厨房
お店で使う家電
飲食店のインテリア
飲食店と駐車場
広告・宣伝 看板、暖簾、ノボリ旗、イーゼル
フリーペーパーなどへの広告
DM・チラシによる広告
クーポンによる飲食店の集客
インターネットでの集客
雑誌・テレビの取材
タイアップによる飲食店の集客
ブランドづくり 飲食店のブランドとは
飲食店のこだわり
権威と飲食店のイメージ
名前を覚えてもらうには
従業員の育成 シェフ・料理人の育成
アルバイトの育成
お金の管理・経営 飲食店の開業にかかる費用
飲食店の経営とお金の管理
店舗の拡大

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る