タマツラボ
カバーフォト

店舗の拡大

ここでは飲食店の店舗の拡大について考えていきます。


店舗の拡大

お店が軌道に乗り、借金もかなり返済できたら、二店舗目のオープンを計画してみてはいかがでしょうか。飲食店経営には波があります。波の調子が良いときは思い切って拡大戦略をとるとうまくいくものです。
攻撃は最大の防御といいます。安定した経営を目指したいなら、攻勢に出て複数店舗を持ったほうが良いでしょう。店舗数が増えれば街でお店の看板が増えますので、お店の認知度が加速度的に高まります。
店舗を拡大していくことで、「あの店は勢いがある」とお客様に思ってもらえます。多くの人は元気な店、人気のある店が好きなので、勢いがあればあるほど人が集まりやすくなります。
二店舗目を立ち上げるのは少し心配かもしれません。ようやく返済したのに、また新たな借金を抱えることになりますし、また同じような店舗立ち上げの苦労を味わうことになるかと思うと、ちょっと気がかりです。しかし、すでに最初のお店を立ち上げた自信とノウハウがありますから、初めてのときよりもはるかにスムーズに、安い費用で軌道に乗せることができるものです。
二号店は、本店(最初のお店)からあまり遠くない方が良いかもしれません。
距離が近ければ立ち上げ時に本店のスタッフを応援に送ることも、二号店で雇ったシェフやアルバイトを本店で研修させることもしやすいでしょう。
お店どうしで売上やお客様の満足度を競わせるのも良いでしょう。お互いにレベルアップを図ることで全体の売り上げ増にも貢献できますから。
二つ店舗あると、広告費は2倍かかるか、というとそうではありません。二店舗同時に広告すると割引などが受けられ露出量は2倍になっても広告費は2倍未満で済みます。広告は出せば出すほど割引される性質があるので、店舗が増えるほど1店舗あたりの広告負担は少なくなります。
一国一城の主として、一つのお店で満足するのもいいですが、拡大戦略をとるのも大変魅力的ですよ。

飲食店経営のすべて

始める前に 始めるは易し、続けるは難し
飲食店経営のための修行
飲食店経営と資格
飲食店に必要なプラスアルファ
魅惑の飲食店経営
お店づくり お店のイメージ
お店のデザイン
飲食店の店舗設計と建築
飲食店の看板
飲食店の家具
飲食店の食器
飲食店の厨房
お店で使う家電
飲食店のインテリア
飲食店と駐車場
広告・宣伝 看板、暖簾、ノボリ旗、イーゼル
フリーペーパーなどへの広告
DM・チラシによる広告
クーポンによる飲食店の集客
インターネットでの集客
雑誌・テレビの取材
タイアップによる飲食店の集客
ブランドづくり 飲食店のブランドとは
飲食店のこだわり
権威と飲食店のイメージ
名前を覚えてもらうには
従業員の育成 シェフ・料理人の育成
アルバイトの育成
お金の管理・経営 飲食店の開業にかかる費用
飲食店の経営とお金の管理
店舗の拡大

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る