タマツラボ
カバーフォト

キーワード選びのポイント

ここではキーワード選びのポイントについて考えていきます。


キーワード選びのポイント

SEOはキーワードが重要です。検索エンジンのユーザーはキーワードに関する情報を求めてサイトを検索するわけですから、どんなキーワードでサイトを構築していくのかがSEOには重要になってきます。ここでは、サイト構築する上でのキーワード選びのポイントを見てみましょう。
1.業界用語でなく、消費者が使っている言葉でサイトを構築していく
すなわち、「買いたい人」のキーワードで上位表示を図っていくのです。
サイトをつくるとき、ついつい「自分たちの言葉」すなわち「業界用語」で文章をつくってしまいがちです。しかし、業界用語は消費者は使いませんし、あまり興味を持ちません。使わない言葉、興味を持たない言葉で消費者が検索してくることはありません。
業界用語で検索してくるのは「同業者」です。つまり、ライバルがやってきてサイトをチェックしてくのです。
同業者ばかりがサイトに訪問してきて、肝心のお客さんがちっとも見に来てくれないのであれば、たとえWEBサイトのアクセスは増えてもなかなか売上には貢献してくれません。
WEBサイトを構築するさい、そこで使っている言葉によく注意しましょう。「お客様が使っている言葉」でサイトを構築しているでしょうか?
2.キーワードは「つくる」
市場で話題になるためには、新しいキーワードを「つくる」ことです。今までにないキーワードをつくり、そのキーワードを中心にして継続して話題作りをしていけば、そのキーワードでトップクラスのサイトになることができます。
新しいキーワードをつくって、そこでSEOするのは、すでに他社がたくさんSEO対策している競争の激しい一般的なキーワードにSEOを挑むよりも上位表示されやすいです。
それに、このキーワードに関するオリジナル企業としての地位を確立することでブランド力の向上にもつながります。
また、聞いたことのない、新しいキーワードというのは検索されやすいです。ソーシャルメディアでも新しいキーワードが人々の興味を集め、急に広まることはよくあります。
キーワードは完全にオリジナルである必要はありません。また、意味不明すぎても人々に浸透しにくいです。既存の言葉の組み合わせでちょっと面白そうなキーワードを使うと、急速に広まって話題になることがあります。

検索エンジン最適化(SEO)

検索エンジンの特性 検索エンジンとは
検索エンジンのビジネスモデル
何を上位表示させるか
ホームページとSEO ドメイン
HTMLタグ
キーワードを意識したページ作り
メディアの影響 テレビの影響
ソーシャルメディアの影響
SEOに効果的? SEO業者
ツール
SEOのポイント キーワード選びのポイント
検索エンジンのスポンサーになる
ニーズを満たすコンテンツを
内部リンクと外部リンク

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る