TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>アフガニスタン情報

アフガニスタン

アフガニスタンの地域情報について調査しています。アフガニスタン・イスラム共和国は中央アジアと南アジアの交差点にある内陸国です。アフガニスタンに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

アフガニスタン

位置

東と南にパキスタン、西にイラン、北にトルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、そして北東に中国に隣接しています。

国土

約65.2万km2

首都(およその人口)

カブール(427万)

カブール以外のビジネス関連都市(およその人口)

カンダハール(61万)ヘラート(56万)マザーリシャリーフ(47万)クンドゥーズ(36万)ジャラーラーバード(26万)など

人口

およそ3,223万人

人種構成

42%パシュトゥーン人、 27%タジク人、 9%ハザーラ人、 9%ウズベク人、 4%アイマック人、 3%トルクメン人、 2%バローチ人、 その他

言語

パシュトー語、ダリ語

宗教

99.7%イスラム教、その他

文化

基本的に部族社会であり、国の様々な地域に独自の文化があります。

教育

2018年の時点で15歳以上の識字率は43%程度です。さまざまな挫折を経て、教育制度の拡充が進められています。

アフガニスタン近・現代史の概略

1838-42 第一次アフガン戦争(イギリス軍侵攻。一旦アフガニスタンを平定し、シュジャー・シャー国王を復位。その後撤退。シュジャー・シャー国王殺害される(
1878-80 第二次アフガン戦争。 英国にアフガニスタンの外交権をゆだねて保護国となる
1919 イギリスからの独立を宣言
1933- 君主制
1964 立憲君主制を導入
1973 クーデター。共和国を宣言
1978 アフガニスタン紛争の始まり(ソ連派のクーデター。人民民主党が権力掌握、内戦激化)
1979 ソビエト軍侵攻
1980 ソビエト軍への反抗激化
1985 イランやパキスタンへのアフガニスタン人難民増加
1986 米国がミサイルをアフガン武装グループに供給
1988 和平協定に署名。ソ連軍が撤退開始
1989 ソ連軍が撤退完了。内戦が続く
1992 政府崩壊。壊滅的な内戦が継続
1996 タリバンがカブールの支配権を握る。アフガニスタン・イスラム首長国の成立を宣言
1997 パキスタンとサウジアラビアがタリバン政権を認める
2001 9月11日の米国でのテロの後、米国主導のアフガニスタン爆撃開始
2002 カルザイがアフガニスタン・イスラム移行政権の大統領に就任
2004 新憲法採択
2014 英国と米国がアフガニスタンでの戦闘作戦を終了。NATOがアフガニスタンでの戦闘任務を正式に終了
2015 アフガニスタン政府が自らの治安に責任を負う。米軍は撤退延期を発表
2017 カブールのドイツ大使館近くで大規模テロ。米軍、NATOは増派を発表。 2018 タリバンとの間で一時停戦
2019 タリバンと米国間の和平協議

政治

大統領制を採用する、行政、立法、司法の3つの支部からなるイスラム共和国です。大統領は国家元首です。議会は二院制です。

一人当たりGDP

601ドル

経済

鉱物資源豊富と言われていますが、世界で最も開発が進んでいない国のひとつです。


アジア

中華人民共和国、 シンガポール、 イスラエル、 台湾、 香港、 韓国、 マレーシア、 インド、 トルコ、 サウジアラビア、 タイ王国、 フィリピン、 ベトナム、 スリランカ、 インドネシア、 イラン、 パキスタン、 バングラデシュ、 カザフスタン、 アゼルバイジャン、 ウズベキスタン、 ジョージア、 カンボジア、 日本、 ミャンマー、 ラオス、 モンゴル、 ブータン、 ネパール、 キルギス、 タジキスタン、 トルクメニスタン、 アフガニスタン、 イラク、 アルメニア、 シリア、 レバノン、 ヨルダン、 クウェート、 バーレーン、 カタール、 アラブ首長国連邦、 オマーン、 イエメン、 北朝鮮、 東ティモール、 ブルネイ、 モルディブ

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る