TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>アルバニア情報

アルバニア

アルバニアの地域情報について調査しています。アルバニアはヨーロッパ南東部のバルカン半島の国です。アルバニアに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

アルバニア

アルバニア関連通販

【楽天市場】アルバニアの通販

位置

北西はモンテネグロと、北東はコソボ、東は北マケドニア、南はギリシャと国境を接しています。西にはアドリア海を挟んでイタリアがあります。

国土

約2.9万km2

首都(およその人口)

ティラナ(42万)

ティラナ以外のビジネス関連都市(およその人口)

ドゥラス(11万)ヴロラ(8万)など

人口

およそ285万人

人種構成

アルバニア人が大多数

言語

アルバニア語

宗教

イスラム教59%、キリスト教17%など。

文化

古代ギリシャ人、ローマ人、ビザンチン人、オスマン帝国の影響を受けつつ、アルバニア独特の文化を醸成してきました。

教育

小学校と中学校が義務教育になっています。

アルバニア近・現代史の概略

1939 イタリアが侵攻し、保護領となる
1940 イタリア軍がアルバニアを通ってギリシャを攻撃
1943 イタリアの降伏後、ドイツ軍がアルバニアを占領
1944 共産主義による抵抗。ドイツ軍撤退
1946 非共産主義者の追放
1948 ユーゴスラビアと断交。ソ連がアルバニアを援助
1955 ワルシャワ協定の創設メンバーになる。
1961 ソ連と断交。中国と同盟を結ぶ
1967 宗教活動を弾圧。無神論国家を宣言
1968 ワルシャワ協定から撤退
1978 中国による経済・軍事援助停止
1990 野党の結成を許可。海外旅行の権利を認める
1991 初の自由選挙。共産党が中心の連立政権が勝利
1992 民主党が選挙に勝利
1997 不正なピラミッド投資構想(ねずみ講)の崩壊による抗議運動発生
1998 コソボ紛争による難民の増加
1999 NATOによるユーゴ爆撃、アルバニアへ大量の難民が脱出する
2001 ユーゴスラビアとの国交を回復
2009 NATO加盟

政治

議会制立憲国家であり、大統領は国家元首、首相は政府の首長です。

一人当たりGDP

5,847ドル

経済

社会主義計画経済から資本主義混合経済への移行が進んでおり、将来的な経済拡大が予想されます。


ヨーロッパ

ウクライナ、 フィンランド、 スウェーデン、 英国、 デンマーク、 アイルランド、 オランダ、 スイス、 ノルウェー、 ドイツ、 オーストリア、 フランス、 ベルギー、 イタリア、 スペイン、 スロベニア、 ポルトガル、 チェコ、 ハンガリー、 エストニア、 ポーランド、 スロバキア、 ラトビア、 ギリシャ、 ルーマニア、 クロアチア、 リトアニア、 ブルガリア、 ロシア、 アイスランド、 ベラルーシ、 モルドバ、 北マケドニア、 アルバニア、 ルクセンブルク、 ボスニア・ヘルツェゴビナ、 キプロス、 セルビア、 モンテネグロ、 アンドラ、 コソボ、 サンマリノ、 バチカン、 マルタ、 リヒテンシュタイン、 モナコ

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る