TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>バーレーン情報

バーレーン

バーレーンの地域情報について調査しています。バーレーン王国はペルシャ湾の主権国家です。バーレーンに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

バーレーン

位置

カタール半島とサウジアラビアの北東海岸の間に位置しています。40の自然島と51の人工島からなる小さな群島で構成されており、国土の約83%を占めるバーレーン島を中心にしています。

国土

約780km2

首都(およその人口)

マナーマ市(16万)

人口

およそ157万人

人種構成

51%アラブ人、46%アジア人、その他

言語

アラビア語

宗教

イスラム教

文化

寛容的なイスラム教の国とされています。

教育

6歳から14歳までの子供には教育が義務付けられています。

バーレーン近・現代史の概略

1880 イギリスの保護国となる
1913 英国とオスマン帝国はバーレーンの独立を認める条約に署名したが、国は英国の管理下のままとなった
1931 米国石油資本の子会社バーレーン石油会社が油田を発見
1971 独立宣言。英国と友好条約署名。米国が海軍と軍事施設を借用できる協定に署名
1986 カタール軍がファシュトアルディバル島を占領。サウジアラビアの調停により撤退
1991 湾岸戦争。バーレーンは米国主導の砂漠の嵐作戦に参加。米国との貿易協力協定に署名
1998 イラクに対する米英爆撃作戦である「砂漠の狐作戦」のための軍事施設を提供
2002 立憲君主制になる
2011 戒厳令発令。民主化運動家への厳しい取り締まり
2015 イエメンのフーシ反政府勢力に対するサウジ主導の空爆に参加
2018 王国最大の油田発見と発表
2020 イスラエルとの国交正常化に署名

政治

国王が率いる立憲君主制です。国王は幅広い行政権を有しています。議会な二院制です。

一人当たりGDP

27,538ドル

経済

自由と成長力の高い国とされており、その経済は石油とガスに大きく依存しています。


アジア

中華人民共和国、 シンガポール、 イスラエル、 台湾、 香港、 韓国、 マレーシア、 インド、 トルコ、 サウジアラビア、 タイ王国、 フィリピン、 ベトナム、 スリランカ、 インドネシア、 イラン、 パキスタン、 バングラデシュ、 カザフスタン、 アゼルバイジャン、 ウズベキスタン、 ジョージア、 カンボジア、 日本、 ミャンマー、 ラオス、 モンゴル、 ブータン、 ネパール、 キルギス、 タジキスタン、 トルクメニスタン、 アフガニスタン、 イラク、 アルメニア、 シリア、 レバノン、 ヨルダン、 クウェート、 バーレーン、 カタール、 アラブ首長国連邦、 オマーン、 イエメン、 北朝鮮、 東ティモール、 ブルネイ、 モルディブ

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る