TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>ボスニア・ヘルツェゴビナ情報

ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニア・ヘルツェゴビナの地域情報について調査しています。ボスニア・ヘルツェゴビナはバルカン半島にある南東ヨーロッパの国です。ボスニア・ヘルツェゴビナに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニア・ヘルツェゴビナ関連通販

【楽天市場】ボスニア・ヘルツェゴビナの通販

位置

東がセルビア、南東がモンテネグロ、北と南西がクロアチアに隣接しています。内陸国ではなく、南部でアドリア海に面する狭い海岸線があります。

国土

約5.1万km2

首都(およその人口)

サラエボ(36万)

サラエボ以外のビジネス関連都市(およその人口)

バニャ・ルカ(19万)トゥズラ(11万)ゼニツァ(11万)ビイェリナ(11万)

人口

およそ330万人

人種構成

ボスニア人50%、セルビア人31%、クロアチア人15%、その他

言語

ボスニア語、セルビア語、クロアチア語

宗教

イスラム教51%、キリスト教46%など。

文化

歴史ある伝統と豊富で多様な文化を保有しています。

教育

初等教育は9年間、中等教育は4年間あります。

ボスニア・ヘルツェゴビナ近・現代史の概略

1908 オーストリア・ハンガリー帝国に併合される
1914 ボスニアセルビア人の学生ガヴリロ・プリンツィプがオーストリア・ハンガリー帝国のフランツ・フェルディナント大公夫妻をサラエボで暗殺。これが第一次世界大戦の引き金となる。
1918 戦争の終わりにオーストリア・ハンガリー帝国が崩壊。セルビア・クロアチア・スロベニア王国の一部となる
1941 ナチスによるクロアチアの傀儡政府によって併合
1945 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成共和国として発足
1991 共産主義崩壊。複数政党選挙。連立政権樹立
1992 独立を問う国民投票。戦争勃発
1995 デイトン平和協定。国際平和維持軍配備
2014 洪水により人口の25%が避難
2016 EUに加盟申請

政治

議会代表民主主義の共和国です。閣僚理事会が執行権を持ちます。議会は二院制です。

一人当たりGDP

6,056ドル

経済

戦争で荒廃した国を再建し、市場改革を導入するという二重の問題に直面しています。


ヨーロッパ

ウクライナ、 フィンランド、 スウェーデン、 英国、 デンマーク、 アイルランド、 オランダ、 スイス、 ノルウェー、 ドイツ、 オーストリア、 フランス、 ベルギー、 イタリア、 スペイン、 スロベニア、 ポルトガル、 チェコ、 ハンガリー、 エストニア、 ポーランド、 スロバキア、 ラトビア、 ギリシャ、 ルーマニア、 クロアチア、 リトアニア、 ブルガリア、 ロシア、 アイスランド、 ベラルーシ、 モルドバ、 北マケドニア、 アルバニア、 ルクセンブルク、 ボスニア・ヘルツェゴビナ、 キプロス、 セルビア、 モンテネグロ、 アンドラ、 コソボ、 サンマリノ、 バチカン、 マルタ、 リヒテンシュタイン、 モナコ

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る