TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>ブルキナファソ情報

ブルキナファソ

ブルキナファソの地域情報について調査しています。ブルキナファソは西アフリカの内陸国です。ブルキナファソに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

ブルキナファソ

ブルキナファソ関連通販

【楽天市場】ブルキナファソの通販

位置

北と西はマリと、東はニジェールと、南東はベナンおよびトーゴと、南はガーナと、南西はコートジボワールと国境を接しています。

国土

約27.4万km2

首都(およその人口)

ワガドゥグー(148万)

ワガドゥグー以外のビジネス関連都市(およその人口)

ボボ・ディウラッソ(49万)クドゥグ(8.8万)など

人口

およそ2,150万人

人種構成

モシ人が52%、その他フラ人、ボボ人、ロビ人など

言語

フランス語が公用語

宗教

イスラム教61%、キリスト教23%、先住民族の信仰15%、その他

文化

先住民族の仮面と踊り、口伝による民間伝承が息づいています。

教育

初等、中等、高等教育に分かれています。小学校から中学校、中学校から高校、または高校から大学に進むには、国家試験に合格する必要があります。

ブルキナファソ近・現代史の概略

1896 フランスの保護領の一部になる
1919 オートボルタ植民地として単独の植民地となる
1958 フランス領アフリカ共同体の自治共和国のひとつとなる
1960 独立
1966 軍事クーデター
1970 新憲法承認
1977 新しい多党制の憲法を公布
1980 セイ・セルボによる軍事クーデター。大統領追放
1982 ジャン・バティスト・ウエドラオゴの軍事クーデターによりセイ・セルボ打倒
1983 トーマス・サンカラ大尉の軍事クーデターによりウエドラオゴから権力を奪い取る。急進的な左派政策を採用
1984 国名をオートボルタからブルキナファソに変更
1987 ブレーズコンパオーレが率いる軍事クーデターでトーマス・サンカラが追放され殺害される
1990 マルクス・レーニン主義を放棄し、限定的な民主主義改革を導入
1991 新憲法により採択された国民投票によりブレーズコンパオーレ再選

政治

半大統領制の立憲国家です。大統領が国家元首です。大統領が任命した首相が内閣のメンバーを推薦します。議会は一院制です。

一人当たりGDP

792ドル

経済

農業は国内総生産の32%を占めています。金鉱石が豊富にあるにもかかわらず、国の経済活動の大部分は国際援助によって賄われています。


アフリカ

南アフリカ、 エジプト、 ナイジェリア、 コンゴ民主共和国、 エチオピア、 ケニア、 タンザニア、 ウガンダ、 モザンビーク、 マダガスカル、 ザンビア、 マラウイ、 ジンバブエ、 ボツワナ、 ナミビア、 アンゴラ、 コートジボワール、 モロッコ、 カメルーン、 ガーナ、 ブルキナファソ、 コンゴ共和国、 ガボン、 中央アフリカ共和国、 チャド、 ニジェール、 マリ、 モーリタニア、 アルジェリア、 チュニジア、 リビア、 スーダン、 南スーダン、 ギニア、 セネガル、 エリトリア、 ジブチ、 ソマリア、 ルワンダ、 ブルンジ、 セーシェル、 コモロ、 モーリシャス、 エスワティニ、 レソト、 赤道ギニア、 サントメ・プリンシペ、 ベナン、 トーゴ、 リベリア、 シエラレオネ、 ギニアビサウ、 ガンビア、 カーボベルデ

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る