TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>コモロ情報

コモロ

コモロの地域情報について調査しています。コモロ連合はアフリカの東海岸沖のモザンビーク海峡の北端に位置するインド洋の島国です。コモロに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

コモロ

位置

ダガスカルとフランスのマヨット地域を南東に、タンザニアを北西に、モザンビークを西に、セイシェルを北東に海上境界線を共有しています。

国土

約1,861km2

首都(およその人口)

モロニ(5.4万)

人口

およそ85万人

人種構成

アフロアラブ86%、 マダガスカル14%

言語

コモロ語、フランス語、アラビア語

宗教

スンニ派イスラム教

文化

イスラムの文化を強く受けており、フェイスペイントや衣装などの伝統が特徴的です。

教育

コモロ法は、すべての子供が7歳から15歳までの8年間の学校教育を完了することを義務付けています。それ以前にほぼすべての子供たちは5歳頃から2、3年間コーラン学校に通ってコーランについて教えられ、それを暗記し、アラビア文字を学びます。

コモロ近・現代史の概略

1912 マダガスカルから管理されるフランスの植民地になる
1947 フランスの海外領土になる
1961 自治権を獲得
1975 一方的に独立を宣言。アーメド・アブダラが大統領に就任。社会主義者のアリ・ソイリによるクーデターでアブダラ退陣
1976 アリ・ソワリ大統領就任
1978 国外にいたアーメド・アブダラが雇ったボブ・ディナールによるクーデターでソイリ政権崩壊。ソイリ殺害される。新憲法採択、国名変更(コモロ・イスラム連邦共和国)、アーメド・アブダラ大統領復帰
1989 ボブ・ディナール率いる傭兵たちのクーデターでアーメド・アブダラ大統領暗殺。フランスが介入し、ディナールは島を去る
1990 モハメド・ジョハールが大統領就任
1995 ディナール率いるクーデター未遂。ジョハール大統領は解任され仏領レユニオン島へ。フランス軍介入しディナールは降伏
1996 モハメド・アブドゥルカリム・タキが大統領就任。大統領権限を拡大し、イスラム教を法の基礎として確立する憲法草案を作成
1997 アンジュアン島とモヘリ島がコモロからの独立を宣言。武力衝突発生
1998 タキ大統領が心臓発作で急死。タジディン・ベン・サイード・マソウンデ氏が大統領代行
1999 軍事クーデターでマソウンデ氏追放。アザリ大佐が政権を掌握
2001 3つの島を1つの国として維持するが、それぞれに大きな自治権を与える新憲法採択。国名変更(コモロ連合)
2002 アザリ大統領選出
2007 アフリカ連合は6月の選挙で平和を維持するために軍隊を派遣。アフリカ連合はアンジュアン島の海上封鎖を開始
2008 アンジュアン島にコモロとアフリカ連合の部隊が上陸して同島の支配権をコモロ政府に奪還

政治

連邦大統領制と複数政党制を採用した共和国です。大統領は国家元首であり、政府の長です。議会は一院制です。

一人当たりGDP

1,349ドル

経済

コモロの貧困レベルは高いですが、生活環境は改善しています。


アフリカ

南アフリカ、 エジプト、 ナイジェリア、 コンゴ民主共和国、 エチオピア、 ケニア、 タンザニア、 ウガンダ、 モザンビーク、 マダガスカル、 ザンビア、 マラウイ、 ジンバブエ、 ボツワナ、 ナミビア、 アンゴラ、 コートジボワール、 モロッコ、 カメルーン、 ガーナ、 ブルキナファソ、 コンゴ共和国、 ガボン、 中央アフリカ共和国、 チャド、 ニジェール、 マリ、 モーリタニア、 アルジェリア、 チュニジア、 リビア、 スーダン、 南スーダン、 ギニア、 セネガル、 エリトリア、 ジブチ、 ソマリア、 ルワンダ、 ブルンジ、 セーシェル、 コモロ、 モーリシャス、 エスワティニ、 レソト、 赤道ギニア、 サントメ・プリンシペ、 ベナン、 トーゴ、 リベリア、 シエラレオネ、 ギニアビサウ、 ガンビア、 カーボベルデ

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る