TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>エストニア情報

エストニア

エストニアの地域情報について調査しています。エストニアは北ヨーロッパのバルト海の東海岸にある国です。エストニアに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

エストニア

位置

北はフィンランド湾に面し、そのさらに北にフィンランドがあります。西はバルト海に面し、そのさらに西にスウェーデンがあります。南はラトビア、東はロシアに接しています。

国土

約4.5万km2

首都(およその人口)

タリン(43万)

タリン以外のビジネス関連都市(およその人口)

タルトゥ(9.7万)ナルヴァ(5.5万)パルヌ(5.1万)など

人口

およそ133万人

人種構成

68.5%エストニア人、24.8%ロシア人、1.8%ウクライナ人、0.9%ベラルーシ人、0.6%フィンランド人、その他

言語

エストニア語が公用語

宗教

最大の宗教はキリスト教で、キリスト教以外(ユダヤ教、イスラム教、仏教など)の信者はごくわずかです。ただし、無宗教と回答した人と信仰について回答しない人が大多数を占めています。

文化

サウナなどの先住民の伝統に加え、フィンランド、バルト、スラブ、ゲルマンの伝統屋、スウェーデンやロシアの影響を受けてきました。

教育

教育システムは、就学前、初等、中等、高等教育の4つのレベルがあります。教育システムの質の高さと、学位取得率の高さで知られています。

エストニア近・現代史の概略

1918 独立宣言
1920 ロシアとの平和条約に署名
1940 ソビエト軍が進駐。ソ連に併合される
1941 ドイツ軍が侵攻
1944 ソ連がエストニアを再併合。強制移住始まる
1988 歌う革命
1991 共産主義体制崩壊。ソ連がバルト諸国の独立を認める
2004 NATO加盟、EU加盟
2011 ユーロ導入

政治

共和制の国家です。議会は一院制です。大統領は国家元首で、政府は首相が率いています。

一人当たりGDP

24,802ドル(2020年)

経済

エストニアは欧州連合の一員として、世界銀行から高所得経済と見なされています。21世紀になって急成長した国家として、リトアニアやラトビアと並んで「バルト海の虎」と呼ばれることもあります。

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る