TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>ガンビア情報

ガンビア

ガンビアの地域情報について調査しています。ガンビア共和国は西アフリカの国です。ガンビアに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

ガンビア

位置

ガンビア川の下流の両側に位置しており、大西洋の西岸を除いてセネガルに囲まれています。

国土

約1.1万km2

首都(およその人口)

バンジュール(3.1万)

バンジュール以外のビジネス関連都市(およその人口)

セレクンダ(34万)

人口

およそ217万人

人種構成

34.4%マンディンカ人、24.1%フラニ人、14.8%ウォロフ人、10.5%ホラ人、8.2%セラフリ人、3.1%セレール人、1.9%マンジャカ人、その他

言語

英語

宗教

イスラム教が96%ほど

文化

アフリカ大陸の国としては小国ですが、非常に多様な文化があります。

教育

無料で義務的な初等教育がありますが、インフラの不足などにより教育は不十分なものになっています。

ガンビア近・現代史の概略

1889 英国とフランスとの合意によりガンビアの現在の国境が設定される
1894 英国の保護領になる
1965 ダウダジャワラ首相のもと独立
1970 国民投票後、共和国になる。ジャワラ大統領就任
1981 ジャワラ大統領が外遊中にクーデター発生。セネガル軍に介入を要請し、鎮圧。500人死亡
1982 セネガルとガンビアはセネガンビア連邦を結成
1989 セネガンビア連邦解散
1994 ヤヒヤ・ジャメ中尉が率いるクーデターでジャワラ大統領英国に亡命。準将校によるクーデター未遂
1995 クーデター未遂
1996 改正憲法国民投票。大統領選挙でジャメが当選
2001 大統領選でジャメが再選
2004 大量の石油埋蔵量発見を発表
2006 クーデター未遂。ジャメが大統領選三選
2010 コカインまたはヘロインの所持に対して死刑が導入される
2011 ジャメ大統領4選
2013 英連邦からの脱退
2014 クーデター未遂
2017 大統領選挙で野党候補バロウ氏当選。ジャメ氏亡命

政治

大統領制の共和国です。大統領は国家元首であり政府の長です。議会は一院制です。

一人当たりGDP

488ドル

経済

自由な市場ベースの経済があり、農業に大きく依存しています。


アフリカ

南アフリカ、 エジプト、 ナイジェリア、 コンゴ民主共和国、 エチオピア、 ケニア、 タンザニア、 ウガンダ、 モザンビーク、 マダガスカル、 ザンビア、 マラウイ、 ジンバブエ、 ボツワナ、 ナミビア、 アンゴラ、 コートジボワール、 モロッコ、 カメルーン、 ガーナ、 ブルキナファソ、 コンゴ共和国、 ガボン、 中央アフリカ共和国、 チャド、 ニジェール、 マリ、 モーリタニア、 アルジェリア、 チュニジア、 リビア、 スーダン、 南スーダン、 ギニア、 セネガル、 エリトリア、 ジブチ、 ソマリア、 ルワンダ、 ブルンジ、 セーシェル、 コモロ、 モーリシャス、 エスワティニ、 レソト、 赤道ギニア、 サントメ・プリンシペ、 ベナン、 トーゴ、 リベリア、 シエラレオネ、 ギニアビサウ、 ガンビア、 カーボベルデ

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る