TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>リヒテンシュタイン情報

リヒテンシュタイン

リヒテンシュタインの地域情報について調査しています。リヒテンシュタイン公国は中央ヨーロッパの南西に位置する国です。リヒテンシュタインに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

リヒテンシュタイン

位置

西と南がスイス、東と北がオーストリアと国境を接しています。

国土

約160km2

首都(およその人口)

ファドゥーツ(5,700)

人口

およそ3.9万人

人種構成

86.0%ゲルマン系、その他

言語

ドイツ語

宗教

83.2%キリスト教、7.0%無宗教、5.9%イスラム教、3.9%その他

文化

特にオーストリア、バーデンヴュルテンベルク、バイエルン、スイス、チロルとフォアアールベルクを含むドイツ語圏ヨーロッパの南部地域の影響を強く受けています。

教育

スイスの教育制度に類似しており、識字率は100%とされています。

リヒテンシュタイン近・現代史の概略

1815-66 ドイツ連邦のメンバーとなる
1866 ドイツ連邦解体に伴い再独立
1919 オーストリアのハプスブルク家が廃止。オーストリアとの関税同盟を解消
1921 憲法制定。スイスフランを通貨として採用
1923 スイスと関税同盟を締結
1939 第二次世界大戦では中立を維持
1990 国連に加盟
1991 欧州自由貿易連合に加盟
2000 マネーロンダリング対策に非協力として非難される。銀行法を変更
2003 憲法改正
2005 国民投票により妊娠中絶の合法化が支持される
2009 タックスヘイブンへの圧力を受けて、財務の透明性を高める。OECDはリヒテンシュタインを非協力国のブラックリストから削除
2011 シェンゲン協定に加盟

政治

君主が国家元首であり実質的な政治的権威を保持する立憲君主制が確立された国です。議会は一院制です。

一人当たりGDP

143,151ドル

経済

市民よりも登録企業が多い世界でも数少ない国の1つです。高度に工業化された自由企業経済と金融サービスを発展させ、はるかに大きな隣国の都市部と比べてもそん色ない生活水準を実現しています。


ヨーロッパ

ウクライナ、 フィンランド、 スウェーデン、 英国、 デンマーク、 アイルランド、 オランダ、 スイス、 ノルウェー、 ドイツ、 オーストリア、 フランス、 ベルギー、 イタリア、 スペイン、 スロベニア、 ポルトガル、 チェコ、 ハンガリー、 エストニア、 ポーランド、 スロバキア、 ラトビア、 ギリシャ、 ルーマニア、 クロアチア、 リトアニア、 ブルガリア、 ロシア、 アイスランド、 ベラルーシ、 モルドバ、 北マケドニア、 アルバニア、 ルクセンブルク、 ボスニア・ヘルツェゴビナ、 キプロス、 セルビア、 モンテネグロ、 アンドラ、 コソボ、 サンマリノ、 バチカン、 マルタ、 リヒテンシュタイン、 モナコ

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る