TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>モーリタニア情報

モーリタニア

モーリタニアの地域情報について調査しています。モーリタニア・イスラム共和国は北西アフリカの国です。モーリタニアに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

モーリタニア

位置

北と北西は西サハラ、北東はアルジェリア、東と南東はマリ、南西はセネガルと国境を接しています。西は大西洋に面しています。

国土

約103万km2

首都(およその人口)

ヌアクショット(96万)

バマコ以外のビジネス関連都市(およその人口)

ヌアディブ(12万)など

人口

およそ440万人

人種構成

ハラティン40%、 アラブ-ベルベル30%、 ハルプラール、フラニ、マンデ、ウォロフ30%

言語

アラビア語

宗教

イスラム教

文化

イスラム教国として特徴づけられており、フランス植民地時代の影響も残されています。

教育

6歳から14歳までの義務教育があります。

モーリタニア近・現代史の概略

1850-60 フランス軍がモーリタニア南部の支配権を獲得
1898 フランスがムーア人の忠誠を獲得
1904 モーリタニアをフランスの植民地領土として設立
1920 フランス領西アフリカの一部となる
1946 フランスの海外領土となる
1958 モーリタニアが自治権を獲得
1960 独立
1976 モーリタニアとモロッコはスペインが撤退した後の旧スペイン領サハラ(現在は西サハラ)を分割。ポリサリオ戦線のゲリラによる抵抗
1978 クーデターによる大統領解任。特別軍事政権成立
1979 ポリサリオ戦線との和平協定に署名
1980 公式には奴隷制廃止
1984 クーデターによりタヤ大佐が政権掌握
1989 モーリタニア・セネガル国境紛争。両国で人種暴動発生
1992 タヤ大統領選出
1997 タヤ大統領再選
2002 黒人や奴隷の子孫の権利拡大を求める野党の改革運動が禁止される
2003 クーデター未遂。タヤ大統領再選。法律により人身売買禁止
2004 政府はクーデター未遂があったと発表。イナゴによる被害拡大
2005 イナゴ被害で最悪の打撃を受ける。タヤ大統領が外遊中にクーデター発生。軍事暫定政権発足。アフリカ連合の加盟資格停止
2006 オフショア石油生産開始。大統領の任期を5年2回に制限する憲法改正を承認
2007 アフリカ連合に復帰。議会が奴隷制を非合法化
2008 アルカイダに関連するとされるテロによりフランス人観光客4名殺害。ダカールラリー中止。テロ容疑者逮捕。イスラム穏健派の野党が政府に加わる。クーデターにより軍事政権発足
2009 アブデル・アジズ大統領選出
2011 メディアの自由化発表
2012 マリの難民がモーリタニアに流入。奴隷制度廃止論者の指導者が拘留される
2014 アブデル・アジズ大統領再選。野党は選挙ボイコット

政治

大統領制の共和国です。議会は一院制です。

一人当たりGDP

1,309ドル

経済

豊富な天然資源にもかかわらず、モーリタニアは貧しいままです。国の経済は農業と牧畜が中心で、主要産業には鉱業(特に鉄鉱石)、石油、漁業が含まれます。


アフリカ

南アフリカ、 エジプト、 ナイジェリア、 コンゴ民主共和国、 エチオピア、 ケニア、 タンザニア、 ウガンダ、 モザンビーク、 マダガスカル、 ザンビア、 マラウイ、 ジンバブエ、 ボツワナ、 ナミビア、 アンゴラ、 コートジボワール、 モロッコ、 カメルーン、 ガーナ、 ブルキナファソ、 コンゴ共和国、 ガボン、 中央アフリカ共和国、 チャド、 ニジェール、 マリ、 モーリタニア、 アルジェリア、 チュニジア、 リビア、 スーダン、 南スーダン、 ギニア、 セネガル、 エリトリア、 ジブチ、 ソマリア、 ルワンダ、 ブルンジ、 セーシェル、 コモロ、 モーリシャス、 エスワティニ、 レソト、 赤道ギニア、 サントメ・プリンシペ、 ベナン、 トーゴ、 リベリア、 シエラレオネ、 ギニアビサウ、 ガンビア、 カーボベルデ

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る