TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>ミクロネシア情報

ミクロネシア

ミクロネシアの地域情報について調査しています。ミクロネシア連邦はオセアニアの島国です。ミクロネシアに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

ミクロネシア

位置

ニューギニアの北東、グアムとマリアナ諸島の南、ナウルとマーシャル諸島の西、パラオとフィリピンの東、オーストラリア東部の北約2,900 km、日本の南東約3,400 km、およびハワイの主要な島々の南西約4,000 kmにあります。

国土

約702km2

首都(およその人口)

パリキール(6.6千)

人口

およそ10.4万人

人種構成

49%チューク人、 24%ポンペイ人、 6%コスラエ人、 5%ヤップ人、 その他

言語

英語

宗教

キリスト教が主流です

文化

4つの州はそれぞえ独自のぶんかと伝統が見られます。

教育

6歳から13歳までの子供たちには義務教育があります。

ミクロネシア近・現代史の概略

1899 ドイツがスペインに対価を支払い、ミクロネシアの島々を支配下に置く
1914 第一次世界大戦中、日本がミクロネシアを占領
1920 国際連盟が日本に委任統治を認める
1939-45 第二次世界大戦中に激しい戦闘が行われる
1945 第二次世界大戦終結。米軍による占領
1947 国連の太平洋信託統治領として米国の管理始まる
1965 ミクロネシア議会発足
1969ミクロネシア地域合同で米国との交渉を開始
1970年代 北マリアナ、マーシャル、パラオ、その他のミクロネシア地域(現ミクロネシア連邦)がそれぞれ米国と個別に交渉
1979 コスラエ、ポンペイ、チューク、ヤップがミクロネシア連邦を設立する憲法を批准
1986 米国と「自由連合盟約(コンパクト)」に署名。独立
1991 国連加盟
2004 改訂コンパクト発効。台風によるヤップ島の被害と非常事態宣言

政治

大統領制を採用した連邦国家です。大統領は国家元首であり、政府の長でもあります。議会は一院制です。

一人当たりGDP

3,735ドル

経済

経済は主に自給自足農業と漁業で構成されています。米国からの援助に大きく依存しています。


オセアニア

オーストラリア、 ニュージーランド、 パプアニューギニア、 キリバス、 クック諸島、 サモア、 ソロモン諸島、 ツバル、 トンガ、 ナウル、 ニウエ、 バヌアツ、 パラオ、 フィジー、 マーシャル諸島、 ミクロネシア

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る