TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>パキスタン情報

パキスタン

パキスタンの地域情報について調査しています。パキスタンイスラム共和国は南アジアの国です。パキスタンに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

パキスタン

位置

東はインド、西はアフガニスタン、南西はイラン、北東は中国に隣接しています。南にはアラビア海とオマーン湾があります。

国土

約88万km2

首都(およその人口)

イスラマバード(101万)

イスラマバード以外のビジネス関連都市(およその人口)

カラチ(1,605万)ラホール(1,113万)ファイサラバード(320万)ラワルピンディ(210万)グジュラーンワーラ(203万)ペシャーワル(197万)ムルターン(187万)ハイダラーバード(173万)など

人口

およそ2億1,223万人

人種構成

45%パンジャーブ人、15%パシュトゥーン人、14%シンド人、その他サライキ人、ムハジル人、バルチス人など

言語

ウルドゥー語、英語

宗教

96.0%がイスラム教

文化

伝統的な階層文化とイスラム教が深く根付いています。

教育

5歳から16歳までが義務教育になっています。

パキスタン近・現代史の概略

1947 英国支配の終焉。インド、パキスタン分離
1947-48 第一次印パ戦争
1956 パキスタン・イスラム共和国憲法施行
1958 クーデター。戒厳令
1956 パキスタン共和国憲法施行
1965 カシミールをめぐる第二次印パ戦争
1971 東パキスタンが離脱を試み、内戦になる。インドが介入(第三次印パ戦争)。東パキスタンが離脱し、バングラデシュになる
1973 パキスタン・イスラム共和国憲法施行
1977 暴動。軍事クーデター
1985 戒厳令解除
1999 カルギル紛争。クーデター
2003 カシミールの停戦を宣言
2005 カシミールでの地震で数万人が死亡
2010 洪水により少なくとも1,600人が死亡

政治

議会制民主主義の連邦共和国です。複数政党制の議会制度を持っています。国家元首は大統領です。立法府は二院制です。首相は政府の長を務めます。

一人当たりGDP

1,388ドル

経済

数十年にわたる社会的不安定があり、エネルギーや輸送などのインフラに課題があるとされています。若者の比率が高く、成長余地の大きい国とみられています。

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る