TamatsuLab
カバーフォト

世界地域情報>トリニダード・トバゴ情報

トリニダード・トバゴ

トリニダード・トバゴの地域情報について調査しています。トリニダード・トバゴ共和国はカリブ海で最南端の島国です。トリニダード・トバゴに進出するにあたり知っておくと良さそうな情報を特集していきます。

トリニダード・トバゴ

位置

グレナダの南130 km、ベネズエラ北東部の海岸から11 km離れた場所にあります。

国土

約5.1千km2

首都(およその人口)

ポートオブスペイン(8万)

ポートオブスペイン以外のビジネス関連都市(およその人口)

サンフェルナンド(8万)

人口

およそ136万人

人種構成

インド系、アフリカ系、混血、その他

言語

英語

宗教

およそ55%がキリスト教、18%がヒンズー教

文化

インド、アフリカ、クレオール、中国、アメリカ、アラブ、ラテン、ヨーロッパの影響を混ぜ合わせた多様な文化があります。

教育

5歳から16歳まで無料の義務教育です。

トリニダード・トバゴ近・現代史の概略

1802 トリニダード島が正式に英国植民地となる
1814 トバゴ島が英国植民地となる
1834 奴隷制廃止。インド人労働者が連れて来られる
1889 トリニダードとトバゴが単一の英国植民地として統合
1958-61 英領西インド諸島連邦に加盟
1962 独立
1970 失業、経済対策の激しい抗議。非常事態宣言
1972 非常事態宣言解除
1975 労働者ストライキで経済麻痺
1976 共和国に移行。元総督のエリス・クラークが大統領、エリック・ウィリアムズが首相に就任
1990 クーデター未遂事件
2003 国営の砂糖会社閉鎖
2005 暴力犯罪の急増に対する抗議

政治

二大政党制の共和国です。国家元首は大統領で、首相が政府の長です。議会は二院制です。

一人当たりGDP

16,243ドル

経済

カリブ海で最も裕福な国の1つです。石油産業と観光、製造が主力です。


北アメリカ

アメリカ合衆国、 カナダ、 メキシコ、 グアテマラ、 ベリーズ、 ホンジュラス、 エルサルバドル、 ニカラグア、 コスタリカ、 パナマ、 キューバ、 ジャマイカ、 ハイチ、 ドミニカ共和国、 バハマ、 アンティグア・バーブーダ、 グレナダ、 セントビンセント及びグレナディーン諸島、 セントクリストファー・ネービス、 セントルシア、 ドミニカ国、 トリニダード・トバゴ、 バルバドス

△世界地域情報に戻る

ページのトップへ戻る