タマツラボ
カバーフォト

新たなアイデアの発掘

輸出をすることで、企業の視点が広がります。世界市場に目をむけ、世界のライバル動向を調査士、世界の流行、世界の消費者動向をチェックすることは、企業にとって新たなアイデアを発掘しやすくなります。

新たなアイデアの発掘

輸出をすることで、企業の視点が広がります。世界市場に目をむけ、世界のライバル動向を調査士、世界の流行、世界の消費者動向をチェックすることは、企業にとって新たなアイデアを発掘しやすくなります。
国内市場のみに目を向けていると、どうしても商品開発やマーケティングの視点が偏ってしまいます。ライバル企業も横並び意識が働き、同じような商品ばかりをつくるようになります。どの企業もひとつの方向にひたすら突き進む、そんな競争が繰り返されます。
ライバル企業がすべて同じ方向に競争しているときは、どうしても企業の視点が狭くなります。アイデアが行き詰まり、ひたすら価格競争に突き進んでいくことになります。
日本と文化の異なる海外市場に進出することは、企業の視点を広げてくれます。ライバル企業は日本とは全く違います。思わぬアプローチから商品を開発し、全く異なる視点で競争を始めます。
文化や考え方の違う地域で競争をすることは、企業にとって大変な頭への刺激になります。そして頭への刺激が多ければおおいほど、新しいアイデアが出やすくなるのです。新しいアイデアの発掘は企業を活性化させ、商品の競争力を向上させます。
輸出を成功させるには、単に国内にあるものを外国へ送れば良いというものではありません。消費動向やライバルの調査といったマーケティングが必要です。
マーケティングを通じて日本と異なる文化、考え方を知ることは企業にとって良い刺激となり、新たなアイデアを発掘しやすくしてくれます。

輸出のススメ

輸出の魅力 輸出による生産量の拡大
ブランドイメージの向上
競争力の向上
企業の国際化への第一歩
新たなアイデアの発掘
輸出のリスク 各国の関税等による障壁
クレーム、品質問題
商習慣と貿易摩擦
知的所有権
市場競争
輸出ビジネス 輸出手続き
現地での販売
現地生産化
情報の活用と駆使
物流の工夫

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る