タマツラボ
カバーフォト

商習慣と貿易摩擦

商品を外国に輸出することで、いろいろな社会的、政治的影響を及ぼします。現地の商習慣を無視して輸出をすればいろいろなところから反感を買うことになります。場合によっては深刻な貿易摩擦に発展することもあります。


商習慣と貿易摩擦

商品を外国に輸出することで、いろいろな社会的、政治的影響を及ぼします。現地の商習慣を無視して輸出をすればいろいろなところから反感を買うことになります。場合によっては深刻な貿易摩擦に発展することもあります。
よそさまのお宅にあがるときは玄関でちゃんと靴をぬぎ、一礼をして入りましょう。許可も得ず、強引に土足で上がり込むなんてのはもちろんいけません。よそさまを怒らせるようなことがあってはとんでもないことです。
そこは自分の居場所ではなく、相手の居場所です。そこに「お邪魔をする」のです。言葉通り、相手にとっては邪魔なのです。お邪魔するときは相手が不愉快にならないよう、礼儀をわきまえることがとても大切です。
輸出をするという行為は、よそさまのお宅にお邪魔することとよく似ています。
現地のことを無視して強引に商品を送り込んでいくのでは、許可も得ず土足でよそ様の家に上がりこんでいくのと同じです。相手国の人々を不愉快にさせ、怒らせるだけです。
商品を輸出するからには、相手国の人々を怒らせないようにすること、貿易摩擦などの問題に発展しないように配慮するのは当然のことです。それは商品を輸出する業者の当然の責任です。
商品を輸出するときは、現地の商習慣、同業者の動向を良く調べ、決して失礼のないようにすることが必要不可欠です。そして、相手国の人たちが求めるような役割を担うこと、また人々のニーズに応えるような商品・サービスの提供に努めることが大切です。

輸出のススメ

輸出の魅力 輸出による生産量の拡大
ブランドイメージの向上
競争力の向上
企業の国際化への第一歩
新たなアイデアの発掘
輸出のリスク 各国の関税等による障壁
クレーム、品質問題
商習慣と貿易摩擦
知的所有権
市場競争
輸出ビジネス 輸出手続き
現地での販売
現地生産化
情報の活用と駆使
物流の工夫

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る