タマツラボ
カバーフォト

知的所有権

商品を輸出するとき、現地国へ輸出する商品に関連する知的所有権とその取扱いについてよく注意しておく必要があります。知的所有権をおろそかにすると思わぬトラブルが発生することがあります。

知的所有権

商品を輸出するとき、現地国へ輸出する商品に関連する知的所有権とその取扱いについてよく注意しておく必要があります。知的所有権をおろそかにすると思わぬトラブルが発生することがあります。
知的所有権とは、特許権、意匠権、商標権、あるいは著作権などの人によって作り出された知的財産の所有権をいいます。
例えば、日本で特許を取得している商品を外国に輸出する場合、外国で特許を取得していないとその国の人たちがその商品を分解し、コピー商品を作ったとしてもそれを止めることができなくなります。
また、誰かがその国で特許権を取得していて、輸出しようとしている商品がその権利を侵害している場合、その国で販売できなくなるおそれがあります。
意匠や商標の場合も、輸出しようとする国で何者かに権利が取られていて、輸出する商品がその権利を侵害することになる場合、販売が差し止められてしまうので注意が必要です。
後で大きなトラブルにならないためにも、事前に特許その他の知的所有権について、輸出しようとする国での権利状況を調べておくことが大切です。
また、国内で知的所有権を所有している場合は、優先権などを利用して輸出しようとする国でも権利を取得するのが良いでしょう。
知的所有権を効果的に活用することで、現地で模倣品がはびこったり、自分の商品が権利侵害であるとして差し止められたりするのを防止できます。
相手国での知的所有権状況をよく調査することと積極的な権利取得をすることで、輸出ビジネスを有利に進めましょう。

輸出のススメ

輸出の魅力 輸出による生産量の拡大
ブランドイメージの向上
競争力の向上
企業の国際化への第一歩
新たなアイデアの発掘
輸出のリスク 各国の関税等による障壁
クレーム、品質問題
商習慣と貿易摩擦
知的所有権
市場競争
輸出ビジネス 輸出手続き
現地での販売
現地生産化
情報の活用と駆使
物流の工夫

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る