タマツラボ
カバーフォト

市場競争

海外へ輸出された商品は、海外にて市場競争にさらされ、打ち勝っていかなくてはなりません。商品が売れれば売上にもなり、利益にもなりますが、売れなければ利益にならないどころか大きな損害になる可能性もあります。

市場競争

海外へ輸出された商品は、海外にて市場競争にさらされ、打ち勝っていかなくてはなりません。商品が売れれば売上にもなり、利益にもなりますが、売れなければ利益にならないどころか大きな損害になる可能性もあります。
輸出先の市場で勝ち抜いていくためには、マーケティングと消費者のニーズに合った商品づくりをすることが大切です。国内向けの商品と全く同じものを売ることができれば、生産はラクになるでしょう。しかし、それが輸出先での市場ニーズを満足するとは限りません。輸出先には輸出先の消費者の嗜好や商品トレンドがあります。輸出を成功させるためには、商品に輸出先向けの「味付け」を施すことが大切です。
輸出先の消費者の嗜好や商品トレンドを把握するには、現地調査と現地消費者のナマの声がほしいところです。ところが、国内市場の調査でもそうですが、外国の市場調査はなかなか正確な情報は飽くができません。お金をかけて綿密な調査をしたとしても、必ず情報の偏り、調査報告を書いた人の主観などがはいります。
現地スタッフを雇い、責任と権限を与えて、独自の改良を提案させる方法もあります。
いずれも一発でその国の消費者に受け入れられ、輸出が成功するとは限りません。
輸出をする際は必ずテスト販売などを繰り返して、その国で売れる商品、あった商品を見つけ出していくことが必要になってきます。
商品が売れるようになれば、現地のライバル企業なども模倣してきます。外国で売れ続けるためには、国内以上に常に競争力を磨き、ブランドイメージを高めていく努力が必要です。

輸出のススメ

輸出の魅力 輸出による生産量の拡大
ブランドイメージの向上
競争力の向上
企業の国際化への第一歩
新たなアイデアの発掘
輸出のリスク 各国の関税等による障壁
クレーム、品質問題
商習慣と貿易摩擦
知的所有権
市場競争
輸出ビジネス 輸出手続き
現地での販売
現地生産化
情報の活用と駆使
物流の工夫

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る