タマツラボ
カバーフォト

現地生産化

輸出には物流コストがかかります。輸出する商品の価格は物流コストによっておおきく左右されます。また、輸出は貿易摩擦を生みます。輸入国の政府が保護貿易主義に傾けば、とたんに輸出は滞ってしまいます。


現地生産化

輸出には物流コストがかかります。輸出する商品の価格は物流コストによっておおきく左右されます。また、輸出は貿易摩擦を生みます。輸入国の政府が保護貿易主義に傾けば、とたんに輸出は滞ってしまいます。
輸出する商品は輸送コストのほか、様々な卸業者の手を渡るために割高になりやすいです。消費者に割高な商品を販売し続けていては、最初のうちはもの喜んで買ってくれる人がいても、いつか競争力を失ってしまうかもしれません。
輸送コストなど商品がお客様の手に届くまでのコストは、下げられるだけ下げたほうがよいものです。そこで、輸出をやめ、現地で生産するということを考えていくことになります。
現地で生産するのは、コスト低減のほかにもメリットがあります。
現地でつくれば、現地の国で雇用が生まれます。人々が働き、その商品をつくることで、その国の政府から優遇措置を得ることもあります。
輸出ではなく、すでに現地生産ですから、貿易摩擦の原因にもなりません。その国が保護貿易主義に傾いたとしても、大きな問題なく生産、販売をすることができます。
現地生産化は品質や現地の従業員教育、現地法人の権限委譲などの課題があります。しかしながら、それ以上に輸出するよりも企業にとって多くのメリットを得ることができます。
輸出ビジネスはいつまでも同じことが続くものではありません。時代の変化、景気の変化をにらみつつ、現地生産化をしていくのもひとつの重要な戦略です。

輸出のススメ

輸出の魅力 輸出による生産量の拡大
ブランドイメージの向上
競争力の向上
企業の国際化への第一歩
新たなアイデアの発掘
輸出のリスク 各国の関税等による障壁
クレーム、品質問題
商習慣と貿易摩擦
知的所有権
市場競争
輸出ビジネス 輸出手続き
現地での販売
現地生産化
情報の活用と駆使
物流の工夫

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る